『雨ときどきパンケーキ』

雨女まいたんがゆく、ときどきパンケーキ、のちにかき氷。まれにスコーン。

祇園呂色・一流シェフが繰り出すとっておき京都フレンチ決定版 

 

【祇園四条】祇園 呂色 (ぎおん ろいろ)

「呂色(ろいろ)」……聞きなれない言葉。
漆黒の、濡れたような黒を表す色だそうで、「何色にも染まらない」というポリシーを店名に託したフレンチ、祇園呂色

032-20180310-185432.jpg

その呂色のカウンターがとてもシンボリックな店内です。
極力インテリアを廃したという内装はかえって斬新で、カウンター奥の季節の花のしつらえが映えます。
今ははレンギョウと桜でとってもゴージャス。

033-20180310-185609.jpg

034-20180310-185619.jpg

さて、お店は完全予約制のコースのみ。
コース 25000円でだいたい10皿前後。これにソムリエ佐橋氏にワインのペアリングが10000円。
私はお酒が弱いので、控えめにちょっとずつ頂きました。

ウェルカム的にまず登場したのは、なんとドン・ペリニヨン!
038-20180310-190600.jpg

恥ずかしなら初めて頂きました。お、美味しい…!!これがドンペリ…。
037-20180310-190509.jpg

そして小霜シェフ自ら、メイン食材を持ってのご登場。
035-20180310-190006.jpg

実際に食材を目にしながらインスピレーションで選べるのが良いですね。
松坂牛、子羊、鴨、ハトから選べました。

(以下お料理の名前は不明です。小霜シェフが口頭でお伝えくださったものをメモしたものなので、悪しからず!)

アミューズ。スプーンディッシュです。
039-20180310-191103.jpg

左から、
・しらすのピューレとレモンのジャム、キャビア添え
・トリュフのエキスを注入したうずら
・フォアグラとバナナのプリン
040-20180310-191209.jpg

この三本のスプーンで小さなコースを表現したという小粋さ。しかも世界三大美味が一堂に!
041-20180310-191228.jpg

しらすはピューレになる事で、まるで里芋の様なまったりした舌触りに。そこにキャビアの濃厚さと程よい塩加減が絶妙。レモンがさりげなく香ります。
トリュフのエキスをチューっと注入した?!という燻製うずら卵はまるでピータンの様なクセ!このクセがたまらない、とこの歳にしてようやく解ってきました(^^;
フォアグラとバナナをプリンにしちゃった珍しい一品は、ダブルの濃厚さが不思議と馴染んでしっくり。


・タイラギ貝を炭火で焼いたものに白味噌と木の芽のソース そら豆をあしらって
042-20180310-192149.jpg
043-20180310-192210.jpg

見た目からも春を感じます。日輪の様な輪郭を描いているのは菊の花をパウダーにしたものですって!
見てお判りの様に、フレンチの型にハマらない、和食の良さも柔軟に取り入れた小霜シェフのお料理たち。


次に出てきたワインはグルジアのオレンジワイン
044-20180310-192949.jpg

グルジア…どこや?なんて調べながらお話を伺います。
なんとこれ白ワインなんですって。地中に甕を埋めて造るワインだそうで、オレンジ色した見た目も珍しいですが、その香りも超個性的。まるでラバーの様な香りがするんです。

このワインがマッチするお料理は、
・淡路産サバ に すだちの香り 香川のみる貝 ワカメの茎 だし醤油とホースラディッシュのソース
045-20180310-193251.jpg

046-20180310-193319.jpg

シメサバの様な脂の乗ったサバに、みょうがなどの香りを添えて、さらにすだちでスッキリと。
出汁醤油にホースラディッシュを加えるという、これまた洋の東西を問わないフレキシブルな発想が、新しい味を拓いています。
このサバのほのかな青みを先ほどのオレンジワインが不思議な化学反応で昇華してくれるのです。
このワインをチョイスされたセンスと知識に脱帽。


・和牛タンの煮込み
049-20180310-194748.jpg

一頭の牛から400gしかとれないという、タンのさらに根っこの部分を6時間煮込んだという、小霜シェフ渾身の逸品。
お箸で簡単に切れるタンはほろっほろトロトロ!
さらに生食用えのき。これが不思議とよく合う。ナッツにもオレンジの香りが付けてあって、お肉にさらに軽やかな香りと香ばしさがプラス。
048-20180310-194720.jpg
これに合うのはイタリアのミラノのワイン
渋みが穏やかで飲みやすい赤。

・大葉を絡めて揚げたフグの白子のフリッター 百合根とわさびのペースト赤レモンのオイル
053-20180310-200204.jpg

これ!絶品でした。
ホワッと揚げられた白子は中がアツアツでとろ〜り!
054-20180310-200232.jpg

のったりとした白子にさらにトロリとした百合根のペーストを合わせて、そこに赤レモンの芳香がホワッと。
こちらにペアリングするのはなんと日本酒 栃木の純米酒仙禽
051-20180310-200048.jpg

キリッとした飲み口がびっくりするほどの爽やかさで、さーっ!と口の中を洗ってくれます。


次に登場したのは、なんだか秘密めいた黒いグラス。
注がれるのはイタリアの陰干しした葡萄から作ったというとっても甘いワイン
056-20180310-201142.jpg

これと合わせて頂くのは…
・フランス産フォアグラ ピスタチオのペースト
055-20180310-201125.jpg

じっくりじっくり弱火でローストしたフォアグラにピスタチオの香ばしく香りある濃厚ソース。そこにカカオニブとキャラメルソースというデザートの様な一皿。
フォアグラには甘みが合うとは知っていましたが、まさかキャラメルソースがフォアグラの旨味にマッチングしちゃうなんて驚き。
さらに先ほどの甘いデザートワインにもピッタリで、悪魔的美味しさ!

・のどぐろ もち米を粉砕したものを貼り付けて
060-20180310-202509.jpg

薫る魚、のどぐろの身はホワッとほぐれて。
のど黒の出汁、牛のコンソメ、貝の出汁という三種の出汁を合わせた澄んだ極上のスープはちゃんと素材同士の存在感が活きていて、最高に美味。
061-20180310-202513.jpg
ゆずとせり、福岡の筍が添えられています。春らしい香り。

058-20180310-202350.jpg
ギリシャの20年もののビンテージ赤ワインを合わせて。
時間が経つと濃くなると思われがちな赤ワインですが、実は色が褪せて行くんですって!まるでロゼみたいな淡い色。
エレガントかつ凝縮された美味しさで、お魚に合います。


「フランス料理は提供するまでに時間がかかりがちなのを、熱々で提供したい。」という小霜シェフの信念のもと、運ばれてきたのは最初に選んだお肉料理の具材。
062-20180310-203620.jpg

さらにカウンターで仕上げるんだそう。

私が選んだのは、ハト
モリユダケと白アスパラのクリームソース フランス,ロワール産の白アスパラ レバーソース、バジルソース ゴマとナッツの香辛料と共に
065-20180310-204212.jpg

ソースで絵を描いた様な盛り付け。
じっくりとローストされたハトは柔らかく、ジューシー!レバーソースと相まって、ほんのりジビエ感。
ハトってちょっとパサついている印象だったのですが、全く違いました!
松坂牛も一口頂きましたが、脂がのって実に美味。
サンテミリオン フランスのボルドー産、当たり年2005年のワインを合わせます。
066-20180310-204246.jpg


最後まで驚かさせるこちらはなんと、たこ飯!フレンチでたこ飯とな!
069-20180310-205822.jpg

・イイダコのタコ飯 北海道のウニ 桜えびのかき揚げ
070-20180310-210238.jpg

海苔がお花の形にパンチングされてますよ。
イイダコの香りがしっかりとご飯に馴染んで、さらに雲丹がねっとりと絡んで絶品です。
サクッと揚がった桜えびの香ばしさもアクセント。
さらに赤出汁!ホント、和食ですよね。
でもやはりただの赤出汁ではなく、カツオと昆布の他にお野菜でとったブイヨンを合わせてあるらしく、味にとっても深みがあり、ほっこりするお味噌汁です。


グラスに入ったラブリーなデザートは、
・ライムのゼリー ベリーとばらのアイスクリーム ベリーのメレンゲという構成。
071-20180310-212546.jpg

上品なばらの香りのするアイスは、ベリーの甘酸っぱさをより引き立ててくれます。
中には奈良県産の白苺も入って。
美味しい♡たっぷり頂きたい♡

最後に出てきたのはなんとプーアル茶
006-20180310-214046.jpg

不思議なドーム型の有田焼の器に入っているのは、黒豆ときなこのクリームの最中。中に柑橘のジャムが忍ばせてあります。
昆布にチョコがかかったものなど、京都らしい小菓子にアレンジが加わったものでフィニッシュ。

バラエティーと柔軟性に富んだ、フレンチという概念を遥かに超越したお料理の数々を、珍しいワインたちでゆっくりと楽しむ、極上コースを堪能させて頂きました。

春らしい旬の食材をふんだんに織り交ぜ、更に柑橘など「香り」を随所に盛り込んだ五感で感じるお料理と、それに負けない個性豊かなワインたち。

小霜シェフ、佐橋ソムリエもとっても気さくで、私の様なフレンチ無知な客(しかも全然飲めない)にも丁寧に説明して下さって、おかげで終始リラックスして楽しむことが出来ました。

なかなか気軽には来れないお店なのですが、特別な日のとっておきに絶対思い出すお店でしょう。

ご馳走様でした。



関連ランキング:フレンチ | 祇園四条駅河原町駅三条京阪駅


スポンサーサイト

category: ●ディナー

tag: ディナー  京都  祇園  四条  フレンチ  レストラン 
tb: 0   cm: 2

△top

cafe et cuisine atable!おひとり夜カフェ使いからファミリー、女子会にも 

 

【松井山手】cafe et cuisine atable!
関連記事はこちら
夏はかき氷が登場 A TABLE !

新年のお食事会にお誘い頂きました。
松井山手のカフェエキュイジーヌアターブルさん。



夏にかき氷を食べに来た時「ここ絶対お食事も美味しいやろ…」って思っていたんで、チャンス到来!
結果から言うと期待以上でした♡

計6人のお食事会だったんですが、ちょっとしたパーティ感覚で、臨機応変に対応してくださいました。

まずは前菜の盛り合わせから。
ボードにピンチョスの様にオシャレに盛り付けられてます。場がワッと華やぎました!

・ パテ・ド・カンパーニュと大根
・生ハムトマトのカプレーゼ


ゴリっと肉感のあるパテをさっぱりした大根に合わせて、マスタードソースで仕上げてあります。なんてオシャレで美味しい前菜。

・里芋とホタテのピューレ シュー包み
・キッシュ ロレーヌ
・ゴルゴンゾーラ蜂蜜掛け バケット添え


小さなシューに挟まれたのは里芋とホタテのねっとりしたピューレ。この相性見たことないですよね。

キッシュもタルト部分がサクサクでとても美味しい!

そしてたっぷりのゴルゴンゾーラとナッツに蜂蜜をかけて、バゲットに乗せて頂くと、めっちゃ美味しい~♡自分がお酒が飲めないのが悲しい!もちろんお店には気の利いたラインナップでお酒のご用意がありますよ。


メインが続きます~。
・エビマヨカッペリーニ


エビマヨ?!なんとエビマヨがパスタソースに!これが中華のエビマヨとイタリアのトマトソースが不思議に折衷しています。さらにカッペリーニの細さがgood!


・ポルチーニときのこのクリームパスタ


ポルチーニのクリームパスタ、食べた瞬間笑えました!美味しすぎて!



ポルチーニ、味わう程頂くのは実は初めてだったのですが、美味しいのね…。クリームもとっても濃厚で、もうこれリピしたい!
(何度も思い出してます…)


・ペペロンチーノ


厚切りベーコンがどっさり入っていて、たっぷりのアーリオオーリオソースと絡んで実に美味。


・海のリゾット 玄米バージョン


玄米のリゾットは香り良くプチプチ食感がクセになる~♪海の幸もプリプリ!気に入った女子続出。

・ナンピザ マルゲリータ


ナンピザは、ナンとピザのいいとこ取り。
サクサク生地でペロリでした!

これだけ炭水化物続いて飽きないバリエーションがスゴイです。


かなり満足した一同ですが、デザートは別腹です。
お店に入ってすぐのショーケースにみんな釘付けだったんですよね♪



全てお店で手作りのケーキたち。どれも絶品揃い。



私の選んだモンブランタルトはもちろん美味でした♡



卵の白身だけを使ったエンゼルフードケーキも驚きのふわふわ!今年流行る予感…?
この様にアターブルさんは夜カフェ使いも出来ます。



メニューは近々刷新されるそうなので、こちらは参考までに。
ますます魅力的なメニューになる予定ですって!





広い駐車場も完備されていて、ファミリーから女子会、もちろんお一人様も使いやすく、
京都からも大阪からも便利です。

ご家族で経営されていて、お料理のクオリティがとても高いのに、とてもアットホームなおもてなしです。
フランスの避暑地の様なセンスある店内で、昼間はテラスからの緑も美しいんですよ。



素敵なメンバーと豪華なお食事会で、会話も飛び交う最高に楽しいひと時でした!
近くにあればヘビーユーズ間違いなし。
また伺いたいです。
ご馳走様でした!

A TABLE !カフェ / 松井山手駅

夜総合点★★★★ 4.0



category: ●ディナー

tag: カフェ  ディナー  京都  松井山手  イタリアン  レストラン 
tb: 0   cm: 0

△top

リーガロイヤルホテル大阪・メインが選べるディナービュッフェ♪ 

 


【中ノ島】リーガロイヤルホテル大阪 リモネ(REMONE)

044-20171125-171811.jpg

リーガロイヤルホテル大阪でお友達4人とディナーを☆
場所は一階のリモネ(REMONE) 。

043-20171125-171928.jpg

こちらでは時間帯、曜日により様々なタイプのビュッフェが展開されていて、私たちが予約したのは
●ディナービュッフェセット(メインディッシュ付・2時間制)4100円(税込)
伺ったのは11月後半の土曜日でした。すでに内容は変わっているので、ご参考までに。

040-20171125-172923.jpg

016-20171125-182624.jpg

窓が大きく取られているので昼間はさぞかし明るいと思うのですが、夜はしっとりと落ち着いたムード。
音楽の生演奏もあり大人の雰囲気。

まずは選べるメインディッシュ。こちらはテーブルにサーブしてくださいます。
・鶏モモ肉のロースト レモンペッパー風味
019-20171125-180609.jpg

・サーモンのオーブン焼き キノコソース
018-20171125-180638.jpg

・パヴェットステーキ&フライドポテト エシャロットソース(+1000円)
020-20171125-180236 (2)


長ーいキッチンカウンターにはズラーっとお料理が並びます。
パンを焼くために置かれていたのはなんと「バルミューダ」!美味しく焼けると評判のトースターです。
試しに、ホテル一押しの「お豆腐パン」を焼いてみたら、こんがり焼き色が付いて、サクッとして実に美味しい!

013-20171125-182940.jpg

009-20171125-183406.jpg


お料理のラインナップを簡単に紹介すると
・かぼちゃのチーズ焼き
・ポーク&シュークルート アルザス風
027-20171125-174326.jpg

・仔羊と野菜の煮込み ナヴァラン
・サラダバー
・かぼちゃのポタージュ
026-20171125-174533.jpg

・キノコとパンツェッタのオイルソース&ペンネ
など・・・

要所要所にシェフが立たれていて直接サーブしてくださるところも。
・小海老のタコス
036-20171125-173847.jpg

・パスタステーション 
033-20171125-174003.jpg

パルミジャーノ・レッジャーノが置かれ、自分でゴリゴリ削ってパスタに掛けます♪
032-20171125-174059.jpg

タパスがたくさんあったのも印象的です。
024-20171125-174641.jpg

この時期限定の
・黒カレー がありました。サフランライスとの色の対比がスゴイ―。
011-20171125-183326.jpg
007-20171125-183651.jpg

デザートもぬかりなく♪
・ミニ抹茶パフェ はその場でくみたててもらえました。
小さなカットケーキたちは、見た目焼肉バイキングに出てきそうなデザートっぽいですが(^_^;)お味はさすがに美味しかったです!
031-20171125-174218_20171211215818476.jpg

005-20171125-190050.jpg

ここからは番外・・・
一緒に行った4人中3人がこの月生まれだったので、ホテルにお願いしてこっそりサプライズ演出をしてもらいました( *´艸`)
+1000円で、選べるケーキプレートをご用意してもらいました♪

004-20171125-190817.jpg

002-20171125-191025.jpg

バラの花のプレゼントと、写真撮影をして現像してプレゼントは、なんと無料のサービス!!!
バラの花はリーガロイヤル内にあるバラの花専門店のものだから品質も確かです。
お花を無料でって・・・スゴイお得なサービス・・・(; ・`д・´)!
お花はやはり貰って嬉しいですしね♡
写真も良い記念になりました!ありがとうございました。

ご馳走さまでした♪

リモネバイキング / 中之島駅新福島駅福島駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6


category: ●ディナー

thread: バイキング・食べ放題 - janre: グルメ

tag: ディナー  大阪  中ノ島  ホテル  ビュッフェ  ホテルビュッフェ 
tb: 0   cm: 0

△top

Ristorante Pinocchio (リストランテ ピノッキオ)・「Life〜夢のカタチ〜」特別メニュー 

 

229-20171028-225202.jpg

【北新地】Ristorante Pinocchio (リストランテ ピノッキオ)

珍しくディナーのレビュー。
ABC放送毎週土曜11:00〜の番組「Life〜夢のカタチ〜」が好きでよく観ているのですが、その番組で取り上げられたお店!

その日はバタバタと支度をしながらの視聴だったので、正直内容は頭に入ってない(^_^;)
なので「番組で言うてたやん!」みたいなツッコミあると思いますm(_ _)m御容赦を。

274-20171028-194548.jpg

お店は雑居ビルの4階なので、看板を見過ごさないで。
北新地というと大人なムードムンムンで、ちょっと近寄り難いんじゃ…と思っていましたが、全くそんな事もなく。

258-20171028-202455.jpg

カウンターだけのこじんまりとした空間で、しっとりと落ち着いていて、随所に華やかさもあります。
テーブルセッティングが素敵!ナプキンリングがティアラみたいで女心を掴まれますね。
カウンター越しには微笑のシェフ、中山裕朗氏。このシェフとの出会いがお店をやるきっかけだとオーナーさんが語ります。

273-20171028-195703.jpg

頂いたのは「Life〜夢のカタチ」内でシェフが作り出した全てのメニューに昆布を使用したコース「イタリアン×最上級昆布」 。
11月いっぱいまでですが、さすがに予約で満席だそう。でもキャンセルなどでる場合もあるので、聞いてみて下さい。
一律10000円(税サ抜き)のコースのみです。

私は飲めないのでソフトドリンク。お酒の種類も豊富ですが、ソフトドリンクも色々選べて有り難い☆

268-20171028-200502.jpg

目の前で注いでもらったオリーブオイルとフォカッチャをお供に。

261-20171028-201355.jpg


●長崎県産鮑とオクラ天然昆布海藻ジュレ
267-20171028-200606.jpg

ステキなカクテルの様な一品からスタート。

えーと、カトラリーは…

265-20171028-200736.jpg

な、なんとカウンターの引き出しにズラッと一式並んでいます!壮観ー!カッコいい演出!

266-20171028-200616.jpg

鮑が柔らかくって、海藻のジュレと合わさると爽やかなのに深い印象。
お花は花オクラというものです。ふわっとした昆布が全体をまとめます。


●無添加昆布茶と白菜のポタージュ 蒸し穴子の昆布湯葉巻き
260-20171028-201848.jpg

これ美味しい!白菜のポタージュがまず珍しいし、中には湯葉、真昆布(昆布のフィレ!)、ほうれん草に包まれたふわふわとした穴子。後味にフッと柚子が香ります。

●石川県産甘海老のタルタル 日本一の昆布漬け蕪 4種のソースと共に
257-20171028-203146.jpg

綺麗!なんとカナッペなんです。
竹炭の黒いパンの上に甘海老のタルタルと、千枚漬けっぽい蕪。色鮮やかなドットは4色のパプリカソース。
滑らすようにソースを付けて手で頂きます。


●北海道産雲丹の昆布だしリゾット
254-20171028-204218.jpg

本物の雲丹を器に、その中にリゾットがちょこん。
生海苔のリゾットは磯の香りがして美味!そこに鮑の肝も合わせて。


●おぼろ昆布と串本産メジロの菜園風オーガニックサラダ 特製ドレッシング
カウンターの向こうから、フワッと登場した途端「わー!」と思わず声が。
ドライアイスの煙がモワ〜☆しかも薔薇の香りがします?!お野菜もカラフル。五感で楽しめるサラダです。
252-20171028-205445.jpg

248-20171028-205622.jpg

岡山県牛窓産の野菜はシャキッと新鮮なのはもちろん、どれも味が濃い!それにその辺では手に入らない珍しいお野菜ばかり。
メジロのお刺身はカルパッチョ的にお野菜と共に。


●北海道産真鱈と松茸・極上汐昆布ニョッキのカルトッチョ
244-20171028-212746.jpg

銀杏なども入って、一見和風なこちら。
カルトッチョとは「包み焼き」のことだそうです。
鱈に昆布、松茸(今季初!)の香りが移って、フワフワ〜!ニョッキがとろりとして非常に美味。


●鹿児島県産ゆすのきポークと拘り無花果 美人黒酢ソース
241-20171028-214834.jpg

ゆすのきポークとは海藻を食べて育つ豚だそうで、すごく柔らかくて味が凝縮しています!
しかもこの無花果…びっくり、なにこれ?なんでこんな香りが強いの?!なんとも官能的で、生のままでジャムかソースみたい。
トマトが加わった黒酢ソースは酸味も穏やかで、ただただ美味しい!
なんだこりゃ〜!


●汐昆布漬け渡り蟹と九条ネギのアーリオオーリオ
仕上げにカラスミを削り掛けて。
233-20171028-220510.jpg

パスタに細切の昆布が混ぜられていて、ヘルシーなだけでなく、良いお出汁効果。
九条ネギは甘くてシャッキリしていて食感も良いですね。渡り蟹はちょっとお味が濃いめだから白ワインと合わせたい。


最後まで抜かりなし、デザートです。
●さざめ山椒昆布アイスと栗のムースリーヌ 和三盆のエスプーマ 秋の紅葉狩り
232-20171028-222516.jpg

色付いた秋の山河を連想させる箱庭の様な美しさ。アマランシャスが紅葉した葉っぱみたい。
おさつチップにアイスやムースなどを絡ませて頂くととっても美味☆
山椒の効いた昆布の入ったアイスなんて見たこともない!これが堪らぬ美味しさです。山椒の香りに昆布の塩気がクセになりそう。
231-20171028-222533.jpg

かなりお腹いっぱい!
どのお料理も手が込んでいて、組み合わせの発想がスゴイ。
なによりお料理全体が醸し出す品のようなものを感じました。
なかなかしょっちゅうとはいきませんが、ハレの日に使いたい特別なレストラン。

ご馳走様でした!



関連ランキング:イタリアン | 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)


category: ●ディナー

tag: ディナー  大阪  北新地 
tb: 0   cm: 0

△top

夜でも楽しめる♪モーニンググラスコーヒープラスカフェ 

 

021-20171024-203241.jpg

【堺筋本町】モーニンググラスコーヒープラスカフェ (MORNING GLASS COFFEE + CAFĒ)
関連記事はこちら
モーニンググラスコーヒー ・マカロニが焼き込まれたハワイアンパンケーキ!

ハワイの味をそのまま味わえるカフェ、モーニンググラスコーヒーさんがディナー営業を開始されました☆

ーニンググラスコーヒーさんはその名の通り朝食営業のイメージがあって、オープン当初伺った時は午前中で営業終了…なんて曜日もあったのですが、それはほんの数ヶ月のこと。お客さんの要望を聞いて延長、延長し、ついにディナー営業。
どんなメニューが頂けるのかワクワクです!

057-20171024-215913.jpg

058-20171024-215404.jpg

043-20171024-192809.jpg

マグカップにたっぷりのHAWAIIAN COFFEE 850円をお供に。

035-20171024-194807.jpg

●FRENCH FRIES 600円
033-20171024-195347.jpg

まずはフライドポテトです。+100円でチェダーチーズトッピング。熱々のポテトの熱でチーズが溶けてすごく美味しいです。太めで満足度高し♡

●VIETNAMESE HOT CHICKEN WINGS 1200円
032-20171024-195505.jpg

メニューを見て「べ…ヴぇ…?なんや??」と思っていたら、ベトナム風!己の無教養を恥じながら頂きます(笑)。
ニョクマム(ナンプラー・魚醤)の照り焼きという感じで、アルコールに合いそうな一品。独特の香りが食欲を煽ります。
添えてあるピクルスも酸味がまろやかで、すごく美味しいから残さないで!

●GOOD BURGER 1350円(+Bacon 200円)
028-20171024-200051.jpg

ハワイアンといえばやはりバーガー!サクッとした薄めのバンズにゴリゴリ系のパティがサンド。ボリューム満点!
ブルーチーズ入り(DANISH BLUE BACON BURGER 1450円)もあります。
029-20171024-195808.jpg

●PICKLES PARTY 400円
先ほどの美味しかったピクルスや、なますのようなものを箸休め的に。
025-20171024-201432.jpg

●ORIGINAL CAESER SALAD 1200円
024-20171024-202905.jpg

シーザーサラダの原型って、サラダ菜そのままにチーズのソースと余り物のパンを千切って混ぜて、上からチーズを削り掛けた…って聞いた事がありますが、まさにそんな感じのワイルド系。目の前でチーズを削り掛けてくださいます。

●AHI POKE 850円
ハワイアンの居酒屋料理的なアヒポキ。アヒはマグロ。マグロとオニオンとナッツをごま油で和えてあり、これまたお酒がすすむ味。
022-20171024-203043.jpg

●KIMCHI CHEDDER PANCAKE 650円
020-20171024-203250.jpg

パンケーキにキ、キムチ?!
出てきたものを見てビックリ。これはチヂミじゃないの??(笑)

019-20171024-203257.jpg

014-20171024-204134.jpg

とにかく実食。キムチが挟まっていて、チェダーチーズが溶けてカリカリっとなったところとパンケーキ生地のむっちりしたところがあり美味しい。たしかにチヂミとはちょっと違うけど…でもパンケーキとも違う!でも美味しいのは間違いない。ピリっと唐辛子の効いたスパイシーマヨネーズを掛けて。

013-20171024-204325.jpg


●SPARERIB 950円
極太のスペアリブが照り焼き風になって登場。手が汚れるのを気にせずかぶりついてほしい!
015-20171024-203943.jpg


●PULLED PORK QUESADILLAS 1000円
豚肉を甜麺醤(だった…?)で味付けしてほぐしたものをナンの様なトルティーヤで包んで焼いたものです。キムチも入っていて、ピリッと辛く、むっちり食べ応えもありすごく美味しい〜♪
011-20171024-204602.jpg


●KOREAN FRIED CAULIFLOWER 700円
唐揚げに見えるこちらはカリフラワー!ピリ辛でウマウマヘルシー!
010-20171024-204714.jpg


●HANGER STAKE&POTATO 1500円
良い色に赤みが残っステーキ!塩と胡椒のシンプルな味付けでお肉本来の旨味を味わえます。
009-20171024-205602.jpg


ふー食べた食べた!
しかしこれでおわれない。モーニンググラスコーヒーさんはベイク系もバリエーション豊かなんです。
008-20171024-212512.jpg

●POUND CAKE 350円
アイシングのかかったプレーンなパウンドケーキ、時々無性に食べたくなるアレ。
005-20171024-212533.jpg


●COFFEE CAKE 450円
「コーヒーケーキ」とは「コーヒーのお供のケーキ」という意味なんですって!
この日はバナナ。バナナの香りがホワッと来ます。表面のクランチがザクザクしていて美味しい。
しかしでっかい!
006-20171024-212525.jpg


●CARROT CAKE 400円
どこのキャロットケーキとも違う!むっちりしていて、固めのプリンみたい。
004-20171024-212544.jpg

●RICE KRISPIES 380円
(焼き菓子集合写真手前)
ポン菓子をマシュマロで固めた様な不思議な食感!ムチムチさくさく!新食感です。

●PINEAPPLE PIE 450円
アップルパイかと思ったら、なんとパイナップルパイ!珍しいですよね。生地がタルトとパイの中間っぽくて、好みでした。
007-20171024-212518.jpg

●SCONE 300円
アップルレモンスコーンはお土産に頂きました♡頂くのが楽しみだ〜。
001-20171025-003404.jpg


いやはや本当に大満足!
ハワイアンフードというか世界各国のお料理を頂いた感じです。
スパイシー寄りのお味付けで、夜のアルコールタイムにもぴったりのラインナップが揃う、ますます使えるカフェに進化していたモーニンググラスコーヒーさんでした。

ご馳走様でした。



関連ランキング:カフェ | 本町駅堺筋本町駅淀屋橋駅


category: ●パンケーキ・ホットケーキ 再訪

thread: パンケーキ - janre: グルメ

tag: パンケーキ  大阪  堺筋本町  カフェ  ディナー 
tb: 0   cm: 0

△top