FC2ブログ

『雨ときどきパンケーキ』

雨女まいたんがゆく、ときどきパンケーキ、のちにかき氷。まれにスコーン。

台湾茶葉専門店 靑竈(チンザオ)本当の台湾茶と伊根の舟屋が味わえます 

 

080-20180423-155115.jpg

【伊根町】台湾茶葉専門店 靑竈(チンザオ)

憧れの伊根町に再訪しました。
舟屋の並ぶ風景は相変わらずのんびりとしていて、それでいてどこか他者を寄せ付けない凛とした雰囲気もあって。
観光地としての顔よりもそこに住む人々の生活の香りの方が強い感じがするからかな。伊根はそこが良い。

094-20180423-152728.jpg

093-20180423-152755.jpg

そんな伊根町で不意に訪れたカフェ。なんと台湾茶の専門店。伊根に台湾茶とはこれいかに。
とにかく入ってみました……が、あまりの生活感に一瞬たじろいでしまいます。
確かに看板は出ているからお店なんですが、「普通の民家に入ってしまった?」と勘違いするくらいの生活感ある土間。

しかしさらに奥へ。
するとパアッと光を感じた先には海が!
092-20180423-152925.jpg

そうなんです、ここはまさに舟屋。船が入って来ていたであろう場所に、ガラクタ…いえ、アンティークな家具が雑然と置かれた空間。
001-20180423-153038.jpg

舟屋は海のガレージ。まさに物置っぽい場所なんです。でもでも、それがなんか良い!

089-20180423-153200.jpg

なんたって目の前に広がる舟屋の景色・・・こんな贅沢あるでしょうか。


メニュー表なんかはありません。
むしろ「なんのお茶を飲みたいですか?」と聞かれます。
台湾茶は無知である事を伝えると、烏龍茶をオススメしてもらいました。
茶葉栽培農家から直接仕入れてらっしゃるそうで、いろんな種類があるそうですが、急須の中で花が咲く様ないわゆる工芸茶は扱いがないそうです。あくまで茶葉本来を楽しむ店。
お水は茶葉により変えるというこだわり様。
この烏龍茶には京都伏見の湧き水を使用しているとか。

テーブルにはあらかじめ台湾茶のセットが。そこに茶器や茶葉などを持ってきて下さいます。

085-20180423-153722.jpg

まずはお湯で急須を温め、茶葉を詰めてお湯を注ぎ、45秒待ち、一気に急須へ。一滴も残さず絞り切るのが、二煎目以降も美味しく頂くコツだそう。
先ずはグラスに注いで、それを飲むのかと思いきや戻して、グラスに残った香りを楽しみます。

082-20180423-155008.jpg

えっ?知ってる烏龍茶の香りと全く違う。
まるでクチナシの様に薫る!なんだろう、ずっと香っていられる。
しばらく置くと香りが深くなり、もっと置くとカカオみたいな香りに変化するらしく、実際そうだったから驚き。
グラスに残った香りがですよ?なんて粋な楽しみ方。

そしてお茶はというと、美しい黄金色!

079-20180423-155144.jpg

やはり花の様な香りと、玉露のようなほのかな甘さ。
「今まで飲んでた烏龍茶はなんだったんでしょう?!」と言うと、
「これが普通に美味しい烏龍茶ですよ」とご主人。

076-20180423-160055.jpg

二煎目からは自分たちで淹れます。
教えてもらった秒数をシビアに守り、絞り切る!
台湾茶のトレイ?が「すのこ」な訳が分かった気がする。お湯が溢れるのなんか構ってられない!
お湯を注いだ瞬間から秒数を数えることに集中していたら、この小さい急須はすぐに溢れてしまうから。違うかな?

しかも台湾茶は十煎以上楽しめるとか。
本当に色々と目からウロコ体験。

三煎くらい楽しんだ頃に小さなお茶受けを持って来てもらえます。
この日はトマトと金柑のドライフルーツ。
本当に一欠片ずつなんですが、味わい深い事に驚かされます。

074-20180423-161723.jpg

たゆたう海と、ウミネコの声を聞きながら頂く台湾茶。
物凄く贅沢な時間でした。

烏龍茶は一人前900円でした。
この景色と、ゆったりとした時間と香りに包まれて、このお値段はお値打ちです。
お店では台湾茶の販売もなさっているそうです。

ご馳走様でした。
001-20180423-153857.jpg




関連ランキング:中国茶専門店 | 伊根町その他


スポンサーサイト



category: ●カフェ・スイーツ

tag: カフェ  京都  伊根  伊根町   
tb: 0   cm: 0

△top

イネカフェ (INE CAFE)・イ伊根!旅気分♪ 

 

012-20170904-151115.jpg

【伊根町】イネカフェ (INE CAFE)

京都の北の果て、伊根町。そこには憧れ続けた景色がありました。
伊根湾に面した家の一階部分が船着き場になっていて、直接海に出入り出来るようになっている「舟屋」が並ぶノスタルジックな家並み。
秋晴れの日に連れて来てもらいました。

022-20170904-141441.jpg

まずは伊根湾巡りが出来るフェリーに乗って舟屋を海から鑑賞。穏やかな波です。

020-20170904-144446.jpg

カモメがフェリーを追って来て一緒に伊根湾を回ってくれてカワイイ♪

021-20170904-143634.jpg

023-20170904-145109.jpg

次はもう少し舟屋を近くから観たくて、フェリー乗り場からもう少し先へ。
そこは舟屋に暮らす人々の日常が垣間見れます。ただしお住まいのエリアなんであまり踏み込むのはNG。

もう少し先へ行くと「舟屋日和」という商業施設があります。

014-20170904-145952.jpg

2017年春に出来たばかりらしく、新しくてキレイ!今のところカフェと割烹の二店舗がある様子。
カフェの方、「INECAFE」へ立ち寄ってみました。

002-20170904-150124.jpg

001-20170904-150422.jpg

002-20170904-150237.jpg

もちろん海に面してるのでテーブル席からは伊根湾が一望!素晴らしすぎる~!

005-20170904-150542.jpg

●チーズケーキ ホットコーヒー セット1000円
●クレームブリュレ ホットコーヒーセット 820円

011-20170904-151055.jpg

このチーズケーキ、よく考えたら結構高かったのですが・・・すごく美味しい!
そんじょそこらのチーズケーキより断然。

010-20170904-151034.jpg

キメが細やかで、しっとり落ち着いた滑らかな生地。コクがあるのに重たすぎず。
こんなチーズケーキ焼ける人になりたいです・・・(*´ω`*)

クレームブリュレも滑らかで、卵が濃い感じがしました。

008-20170904-150950.jpg

のんびり、のんびり~・・・いい気持ち。
行き交う遊覧船、キラキラ光る海面が日常の雑多を忘れさせてくれる、最高に素敵な場所でした!

013-20170904-151418.jpg

またゆっくりしに来たいです。
念願の伊根、堪能(*´ω`)

ご馳走様でした。



関連ランキング:カフェ | 伊根町その他


category: ●カフェ・スイーツ

thread: スイーツ - janre: グルメ

tag: カフェ  京都  伊根町  ケーキ  スイーツ 
tb: 0   cm: 0

△top