FC2ブログ

『雨ときどきパンケーキ』

雨女まいたんがゆく、ときどきパンケーキ、のちにかき氷。まれにスコーン。

信楽の小さなスイス!スイスレストラン アルピナ 

 


【信楽】スイスレストラン アルピナ(Swiss Alpina)

滋賀県信楽にある、珍しいスイスレストラン
ヨーロッパ料理好きとしては、前を車で通る度に気になって気になって…。
しかし、「土日祝」のみの営業!仕事上、私がお出掛けするのは大体が平日なので、憧れだけか募る日々だったのです。が!

お正月三日に別のところにランチに行こうとたまたま前を通ると、なんと営業中!
これはラッキー!予定を変更して飛び込みました。



信楽の山の中に突如そこだけスイス。アルプスの山小屋レストラン。

道路を挟んで向こう側にはアルプス山岳鉄道やロープウェイを模した手作り感溢れるモニュメントまであって、アルペン愛がひしひし♡
お庭も良く手入れされていてかわいいです。





内扉を開けたらムワワン~と強いチーズの香り。中はアルプス地方のレストランそのものの雰囲気。





もちろんチーズフォンデュ(2名以上から注文)もメニューにありますよ。



私たちはソーセージのランチ「ブラートヴォルスト 180g2100円 にしてみました。
セットにスープ、サラダ、パンが付いてきます。
ランチョンマットがアルプスの地図で、これも旅情を掻き立てられますね。



スープはポテトのポタージュ
とろりと濃厚で、ブイヨンにしっかり塩気があり美味しく、本場の味。
クルトン代わりにグラノーラが乗っていました。

パンもおそらく自家製!(お店横に「パン工房」と書いてあったので)
ふっくらもちふわで実に美味しい。ソーセージが来るまで取って置いてソースをぬぐって頂くといいですね。

サラダもシャキシャキでお野菜のバリエーションもあり新鮮で美味。

さて、メイン!



うわーっ!ここが日本ってことを忘れそう。
太くて大きなソーセージが丸々1本じっくり焼き上げてあります。



付け合わせのジャガイモと人参のボリュームも本場っぽさを煽る(笑)。

ソーセージはご主人が朝から仕込んだ手作り。
プリっとしていて、断面からは肉汁がたっぷりと染み出します。



ソーセージ自体のお味付けは肉の旨味を感じるシンプルな仕上げをしてある代わりに、ソースがガッチリ濃いめで、ちょっぴりカレー?みたいなスパイス感もあり、豚肉の旨味にバッチリ☆
美味しいなぁ~!



奥様が、ストリートオルガンという手回しオルガンを披露して下さいました。ヨーロッパの街中で時々見かけますね。希望者がいればお客さんも体験出来ます。
(また奥様が美人でらっしゃる♡民族衣装もお似合い。)

とっても素敵なおもてなしで、また来たくなったのですが、
「そろそろ年齢的にキツくなってきたので、このお店を引き継いで下さる方募集。このまま引き継いで下さるもよし、異業種も可。」という様な張り紙がありました。

お二人が愛情込めて手入れされてきたこの小さなスイスが、また次のバトンへ引き継がれることを切に願うお正月ランチとなりました。

ご馳走様でした。


スイスレストラン アルピナ洋食 / 甲賀市その他)

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト



category: ●ランチ

tag: ランチ  滋賀  信楽  レストラン  各国料理   
tb: 0   cm: 2

△top

ヴュルツブルク・琵琶湖畔のドイツレストラン 

 

043-20160819-124511.jpg

【錦】 ドイツレストラン ヴュルツブルク

久々にやって来ました。
大津の琵琶湖畔に佇むドイツレストランです。
外観からしてもうドイツ♫

052-20160819-122815.jpg

なんでもヴュルツブルク市から寄贈された建物だとかで、なんちゃってな造りではなく、重いドアから内装のベンチに至るまでドイツの香り。
(変な話、お手洗いのタイルまでドイツな雰囲気なんです/笑)

047-20160819-122959.jpg

046-20160819-123350.jpg

頂いたのは
●ソーセージプレート 1300円
ドイツソーセージの二種盛り合わせが付いたワンプレートランチ。
追加で、大好きな
●ツヴィーベルクーヘン を☆

045-20160819-123501.jpg


○ソーセージプレート 
大根のサラダ、ポテトフライ、ソーセージ二本、ドイツパン、一口サイズのおかずのセット。
ドイツと言えば毎回食べ切れない程のドカ盛り料理!なんで、ちょっと量には肩透かし…です。

044-20160819-124448.jpg

ドリンクなしでこのお値段はちょっとお高いかなぁ。
ザウアークラウトもほんの一口…(;´・ω・)
ドイツみたいにこれでもか!と付いていて欲しかったのが正直なところです。

ソーセージはウィンナーソーセージとスパイシーソーセージ。
パリッとしたウィンナーと、ハーブ香るむっちりスパイシーなソーセージで美味しかったです。

大根のサラダってドイツにあるのかなぁ…??
そもそも伝統的ドイツ料理では生野菜サラダってあんまりないからこの辺りは日本風に寄せてあるのかも知れません。


○ツヴィーベルクーヘン
042-20160819-124702.jpg

大好きツヴィーベルクーヘン(*^^*)♪
直訳すると「玉ねぎケーキ」ですが、キッシュと思って貰えれば受け入れ易いですよ。
甘く炒めた玉ねぎにキャラウェイシードが香ります。
タイク部分はザックザックで、玉ねぎのトロトロ感との相性良し☆
こういうタイプのツヴィーベルクーヘンは初めてだったのですが、これもまた美味しかったです♡

琵琶湖に臨むテラス席もあり、湖畔の風景を眺めながらのドイツビアも気持ち良かった記憶。

040-20160819-131301.jpg

大好きなシュペッツェレもメニューにあるし、また今度はアラカルトで色々試したいです。

ご馳走様でした。
048-20160819-122927.jpg



関連ランキング:ドイツ料理 | 錦駅膳所本町駅


category: ●ランチ

thread: ランチ - janre: グルメ

tag: ランチ  滋賀  大津    ドイツレストラン  各国料理 
tb: 0   cm: 0

△top

ワーフルハウス・日本では希少なストロープワッフルを手軽に♪ 

 

038-20150916-142932.jpg

【六甲】ワーフルハウス

六甲に来たら、必ず立ち寄るお店。
でも、以前お店のあった場所に行ったらお店が無い?!え?!そんな筈は・・・
と思ったら、阪急六甲とJR六甲道の中間あたりに移転されていました。ヨカッタぁ(´∀`*)

034-20150916-153252.jpg

移転されて、とても広々とした店舗になりました。
目の前で焼いて下さるスタイルは変わらず。奥の厨房も大きくなってお仕事しやすそう!

035-20150916-150931.jpg

こちらはストロープワッフル専門店。
ストロープワッフルとはオランダのワッフルで、日本でもお馴染みのベルギーやアメリカンワッフルの様にフワフワではなく、
お煎餅の様に焼き上げた生地二枚の間に糖蜜をサンドしたもの。

043-20150916-142125.jpg

間に挟む糖蜜の種類がいろいろあります。
オーソドックスなシナモン、バニラから、季節限定プレミアムまで。
●季節限定プレミアム マロン 160円にしました。

044-20150916-142116.jpg

あとお土産に、割れの詰め合わせ500円を購入。
多少見かけが悪くても色んな糖蜜が入っているし、お得!

042-20150916-142142.jpg

店内のテーブルに腰掛けて頂きます。

お店のロゴになっているのは、こちらの看板息子さん。
ワッフルを頬張る笑顔が最高に愛らしくって!

039-20150916-142859.jpg

もともとソフトなワッフルですが、出来立ては更にやわやわ♡
簡単に手で千切れて、糖蜜が糸を引きます・・・(*´▽`*)

036-20150916-143026.jpg

生地はビターな後味がするほど香ばしくて、中の糖蜜がネチ~っとして容赦なく甘い!
これが濃いコーヒーに最高に合うんです!

こんなに甘いのに、もう一個もう一個と止まらなくなるんです。
あぁ危険!!(笑)

この日はランチの後だったので二人で一枚をシェアさせてもらいました。
というのに、居座ってしゃべり続ける私たちに嫌な顔一つせず対応して下さりありがとうございました!

すると看板息子さん元気よく帰宅☆

また行きます~。
ご馳走様でした。


ワーフルハウス

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:洋菓子(その他) | 六甲道駅六甲駅新在家駅


category: ●カフェ・スイーツ

thread: スイーツ - janre: グルメ

tag: スイーツ  兵庫  六甲  各国料理  カフェ   
tb: 0   cm: 0

△top

ハンガリーの思い出の味、クルトシュ専門店・ハークリーマリー 

 

042-20150801-171926.jpg

【三宮】ハークリーマリー

数年前にハンガリーを訪問した時、
ブタペスト・聖イシュトバーン大聖堂の前の大きな広場で、見慣れないお菓子を売る屋台に出会いました。
太めの棒にイースト発酵させた生地を巻き付け、バームクーヘンの様に周囲を炙って焼き、
仕上げにシナモンシュガーを掛けて。
焼きたてアツアツ、もちっふわっとした生地は香ばしく、生イーストの甘い香りがフワッと来たのを覚えています。

思えばそれが「クルトシュ」だったのです。

そのクルトシュの専門店神戸に!!(*‘ω‘ *)
確か岐阜・大垣の方でもクルトシュを焼いているお店がある筈ですが、私の街からは行きにくいなぁと思っていたのです。

あの味にもう一度会える!!

052-20150801-170245.jpg

三宮センター街の細い横道を入った角にお店はあります。
赤い唐辛子が束ねて吊ってある様子がハンガリーっぽい♪

051-20150801-170258.jpg

大きなガラス窓に面したオープンキッチンでは、ハンガリー人のご主人がせっせとクルトシュを焼いておられるのが見える様になっています。

049-20150801-170524.jpg

一階は小さなベンチテーブル席が二テーブルほど。
二階も可愛い空間が広がっているみたいです。


クルトシュ シナモンシュガー 600円
焼きあがった周囲に貼り付けるトッピングが色々あります。
甘いバージョンと、甘くないバージョン。

私はスタンダードにシナモンシュガーに。ハンガリーでもお馴染みのトッピングです。

047-20150801-170549.jpg

お会計をしたら番号札として、なんと木のお玉♡(*‘ω‘ *)カワイイ!
クッションもハンガリー刺繍、コップも素焼き・・・とことんハンガリー!

044-20150801-170714修正


046-20150801-170607.jpg

焼きあがるのに少々時間が掛かりますが、焼き上がるにつれ香ばしい香りが辺りに立ちこめて幸せ~な気分で待てるでしょう。

043-20150801-171755.jpg

焼き上がった生地に、豪快にシナモンを被せるように掛けて、余分な分を落とし、
キッチンペーパーホルダーの様なものに立てて、お待ち!(*´Д`)

041-20150801-171939.jpg

もの凄いシナモンの良い香り~♡♡♡

040-20150801-171944.jpg

「ハンガリーで食べたのとどう違うか、率直に教えて!」(ご主人は日本語勉強中☆)
とご主人に言われ、わくわくドキドキ(*‘ω‘ *)

039-20150801-172002.jpg

端っこから剥がすようにして。
記憶よりサクッと香ばしい感じ!カリっサクッ、中心部がフワッ♡
クイニーアマンの様なサクふわ具合でパンの香りという感じかな?

ハンガリーではもっとモチモチで生地が切れずに剥がれた記憶。
チェコでも広く普及しているのですが、クリスピー具合はチェコで食べた感覚に似ているかも!

038-20150801-172022.jpg

ご主人によれば、日本で手に入る素材でハンガリーの味を再現するのは難しく、
これからも素材を試して故郷に味に近づけてゆくつもり・・・という事です。

ハンガリー料理は日本人の味覚に合うと思っていたので、
これをきっかけにハンガリー料理が日本でもお馴染みになるととても嬉しいです!

これから神戸に行くたびに寄ってしまうお店が増えました。
ご馳走様でした!


ハークリー マリー

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 旧居留地・大丸前駅元町駅(阪神)元町駅(JR)


category: ●カフェ・スイーツ

thread: スイーツ - janre: グルメ

tag: スイーツ  兵庫  神戸  三宮  カフェ  各国料理 
tb: 0   cm: 0

△top

じんわり体に沁み込む韓国料理…素夢子 古茶家(そむしこちゃや) 

 


20140525_041717411_iOS.jpg

日曜日のランチに伺いました。
友達が行きたいというので、何の情報もなく付いて行きました。

着いてびっくり、何度となく前を通っていて、てっきり旅館だと思っていた建物が
こちらのお店「素夢子 古茶家」(そむしこちゃや)さん、でした。

かなり雰囲気のある立派な佇まい。
趣のある土壁に大きな入り口ドア。葡萄?藤?のような植物の絡まった涼しげな庭。
入ってからの雰囲気もすごい。
テーブルスペースと、座敷スペースがあり、座敷の向こうにカウンター。

まるで映画で観るような韓国の土の匂いのする空間をモダンにアレンジしてあります。
全体的に薄暗い中に、ほおずきのランプが映えます。

20140525_052541436_iOS.jpg

表から見えた藤棚?の下もテラス席になっていて、実に快適そうです。

私たちは奥の、古木を天板にしたテーブル席に座りました。
椅子がアンティークっぽく、ちょっと座りにくいのはご愛嬌(笑)。

私はランチメニューの
●かぼちゃ粥   1000円
友達は
●素夢子カレー  1000円
●ビビンバ     980円
を注文。

○かぼちゃ粥
角盆に乗って登場。ポッコリした蓋を開けると、鮮やかなオレンジの粥が登場!

20140525_041658295_iOS.jpg

かぼちゃとお粥をミキサーに掛けてあるらしく、米粒は見当たりませんが、
食べてみると、かぼちゃの甘みの後に、確かに米の甘みが( *´艸`)
舌触りもかなり濃厚でトロォとしています。

中から白玉?と様々な豆も出て来て、なんとも滋味…♡
どれも味付けがさりげなくて、素材の味が感じられます。
韓国のり、梅干しを加えて少しずつ味を変えながら頂くと飽きません。

付け合わせのごぼうの炊いたんも美味しい。
ひょうたん型のグラスに入っているお茶が、なんとも初体験の香ばしいようなお出汁のような不思議な風味なので、
お店の方に聞いてみると、「ユリ科の植物の根のお茶」らしいです。

うるち米で出来た甘いおこわはデザート代わりに一口サイズ。
こちらも豆の甘みが優しくて美味♡

じっくり、ゆっくり時間をかけて頂くと、満腹になりました。

友達の食べているカレーも、お野菜たっぷりで美味しそうでした。
20140525_041816097_iOS.jpg

器がどれも骨董品っぽくて凝っていて、こだわりがありそう。
お店の方もユニフォームがホテルの様で、立ち居振る舞いも見事でした。

韓国料理ってそんなに興味なかったのですが、このレベルと雰囲気にはやられました…
また行きたいです。

ご馳走様でした。




関連ランキング:カフェ | 烏丸御池駅烏丸駅四条駅(京都市営)


category: ●ランチ

thread: ランチ - janre: グルメ

tag: ランチ  京都  烏丸三条  各国料理 
tb: 0   cm: 0

△top