FC2ブログ

『雨ときどきパンケーキ』

雨女まいたんがゆく、ときどきパンケーキ、のちにかき氷。まれにスコーン。

ちっちゃなたいやきの店・茶家 

 


883-20140927-161547.jpg

前回お伺いした時、臨時休業でガーーーン…
かき氷が終了前にリベンジを果たしました。

苦楽園口駅から夙川沿いに歩くこと10分くらい。
川沿いの平屋建ての古民家が茶家さん。

P9271461.jpg

P9271463.jpg
P9271468.jpg

外観と打って変わって、中はリノベされてキレイです。
大きな味のあるテーブルに腰掛けました。
小さなカウンターの向こうで店主さんらしき女性がたい焼きを焼いてらっしゃいます。

⚫︎かき氷 きなこみつ ほうじ茶ゼリー追加 550+50円
⚫︎たいやき 季節のおすすめあん(栗) 150円
884-20140927-161035.jpg
885-20140927-160943.jpg


P9271464.jpg

かき氷は小盛りのガラス器に入って来ました。
手で成形してない様子のふんやり感があるきめ細かい氷。

882-20140927-161603.jpg

881-20140927-161726.jpg

中に隠れたほうじ茶ゼリーが琥珀のような煌めき。
しかしほうじ茶の風味は??

きな粉をふりかけたかき氷は今季いくつかありましたが、
「きなこみつ」というのは何気に初めて。
香ばしいきな粉が、蜜になることで氷によく馴染み美味です。


P9271466.jpg

たいやきが来ました。
思わず「ちっさ」と声に出そうに(笑)。

880-20140927-162007.jpg

全長8cmあるかないかの小さなたい焼きです。
皮はパリっとして、中はしっとり。たい焼き独特の香ばしい香り…
中の栗あんは、さりげない栗の甘さが皮に負けて、イマイチ感じられませんでした。
皮が美味しいだけにちょっと惜しいかな?!

879-20140927-162122.jpg

本物の栗って、甘さを出すのがものすごく困難ですよね・・・


お店の雰囲気はバツグンで、余計なBGMもないし、ぼんやり川を眺めて過ごすには最高です。

ご馳走様でした。



関連ランキング:日本茶専門店 | 苦楽園口駅甲陽園駅


スポンサーサイト



category: ●かき氷

tag: かき氷  兵庫  苦楽園口  カフェ  甘味処 
tb: 0   cm: 0

△top

アンジコ・ギャラリーカフェでかき氷 

 

252-20140808-155441.jpg

台風せまる夙川。
川沿いの高い木々がザワザワ。

258-20140808-154156.jpg

そんな川沿いに小さな一軒家ギャラリー・アンジコさんがあります。
そこに併設されたカフェで、夏はかき氷が頂けるという事でやって来ました。

256-20140808-154222.jpg

場所柄、高級感溢れる町並みですが、こちらはまた洒落てますね〜。
扱っておられる器も、作家ものの素敵な器ばかり。魅せ方もさすが。

255-20140808-154355.jpg

ギャラリー併設といっても小さなギャラリーなんで、作品を見ながらちょっと腰掛け感覚で。

⚫︎とろりマンゴーミルク氷とココナッツアイス 850円に惹かれました。

「ANGIE'S EIS KÜCHE」という名前は、アンジコさんのアイス部門だそうです。
遊び心でのある名前ですね。

254-20140808-154623.jpg


小さなお盆に乗って出てきました。
浅めの器はほうじ茶の湯のみとお揃いです。

253-20140808-155401.jpg


火山状に盛られた氷にとろ〜りとしたマンゴーソース。
上にはココナッツアイス。

このココナッツアイス、色が薄いグレーです。
以前フードコーディネーターさんに聞いた話を思い出しました、

「漂白していない、本来のココナッツミルクは薄いグレーなんだよ」

手作りならではの素材選びなんですね。

ココナッツの味がガツンとくる、かなり濃厚アイスでした!

251-20140808-155532.jpg

氷は荒削りながら、ざりざり感はなくサッと溶けるタイプ。
マンゴーミルクとココナッツアイスとの相性が素晴らしかったです。


こんな空間に居るとセンスも磨かれそう……♡

ご馳走様でした♡



関連ランキング:カフェ | 苦楽園口駅夙川駅


category: ●かき氷

thread: かき氷・アイス、ソフトクリーム - janre: グルメ

tag: かき氷  兵庫  苦楽園口  カフェギャラリー 
tb: 0   cm: 0

△top

こはくの氷わらび・夏だね 

 


261-20140808-145920.jpg

苦楽園口こはくさん。

おばあちゃんがお孫さんと連れ立って、制服女子三人組…など様々な世代のお客さんがやって来ます。
地元に愛されている感じのお店。
わらび餅が有名なのかしら。

263-20140808-145018.jpg

店内は小さいながらも清潔感溢れています。

数種類あるかき氷の中から、
⚫︎氷わらび 850円
を注文。なんでも黒蜜仕立ての氷にきな粉、わらび餅が入ってるそうです。
262-20140808-145118.jpg

お店のお姉さん明るくて元気!

サクサク…と氷をかく音がします。夏ですなぁ。

はい!と現れました。
うーん!氷が線状になっていて、いかにもフンワリ。いただきます〜♡

260-20140808-150013.jpg

o(^▽^)o〜♡やっぱり黒蜜や!極めるところ!
この素朴な甘さ。きな粉が香ばしさと風味をプラスしてくれます。

そして中から丸いわらび餅がいくつも。
つやっとして、ぷるっと口の中で溶けます。

259-20140808-150040.jpg

あぁ至福。

セルフサービスで暖かいお茶が頂けます。
嬉しいですね♫

ご馳走様でした♡



関連ランキング:和菓子 | 苦楽園口駅


category: ●かき氷

thread: かき氷・アイス、ソフトクリーム - janre: グルメ

tag: かき氷  兵庫  苦楽園口  甘味処 
tb: 0   cm: 0

△top

古道具と喫茶キカ・アンティークに囲まれた特別空間 

 

267-20140808-134915.jpg
古道具と喫茶キカ


特別な空気感を持つ街・苦楽園口

目的のカフェへ競歩で向かっていた私の足をビタァ!!と止める看板あり。

「古道具と喫茶・キカ kika」

278-20140808-133141.jpg

ほほぅ、どれどれ。

「ローズのパンケーキ」

277-20140808-133147.jpg

その瞬間、むんずとドアノブを握っていました(笑)。

中はさながらヨーロッパのアンティークショップ、蚤の市の様な空間。
手頃なお値段のガジェット品からシャンデリア、椅子、ソファーに至るまで。

276-20140808-133215.jpg

271-20140808-133754.jpg

奥が喫茶スペースになってます。

274-20140808-133445.jpg

上には古い籠や椅子、シャンデリアが吊られ、なんだか魔窟な空間(笑)☆
かなり好き♡

275-20140808-133434.jpg


⚫︎竹炭焙煎オーガニック珈琲 500円(セットで-100円引き)
すごくいい香り。深入りで、酸味のないタイプです。私好みで嬉しい(#^.^#)

269-20140808-134719.jpg

キッチンから「チン!」と音が…(・・;)え?あ?そっち系?!

⚫︎ローズのパンケーキ 600円
268-20140808-134901.jpg

なるほどそういう事ね!
5cmくらいのローズ型の立体的なパンケーキが二個。

266-20140808-134930.jpg

パンケーキと言うよりマフィンやマドレーヌなどの焼き菓子に近い感じの見た目。
萌黄色のお皿に少しのアイス、ゆるめの生クリーム、バター、そしてバラのジャムです。

まずは何も付けずに。
さっくりとした切り応え、中はフンワリ、ちょいパサ。
素朴な粉の風味で、マフィンやマドレーヌの様にバター多めな感じがしないので、
食べた感じはパンケーキ?かな?

265-20140808-135013.jpg

これに生クリーム、バター、バラのジャムを付けて。
バラのジャムが実に華やかで、ジャムというよりジュレみたいにプルプル。

264-20140808-135127.jpg

パンケーキ、というと、うん?となるかもしれませんが、私は好きな感じです(*^^*)


また掘り出し物を探しに改めて来たいですね。
ガラス製品はかなり安いかも!!

ご馳走様でした。




関連ランキング:カフェ | 苦楽園口駅夙川駅


category: 兵庫

thread: パンケーキ - janre: グルメ

tag: パンケーキ  兵庫  苦楽園口  カフェ 
tb: 0   cm: 0

△top

きっとここは夜が良い、bin 

 

20140301_125225000_iOS.jpg

<こちらのお店は閉店されました…>

bin ジャムと珈琲、あるいはその他。

というのがお店の名前。
まるで海外文学のタイトルの様な。

場所は苦楽園。これもまた、純文学の様な駅名。
阪急苦楽園口から徒歩5分ほど、小雨の降る中、ごくひっそりと、灯りがともっていました。

20140301_103117716_iOS.jpg


店内は懐かしい木造の小学校の理科室さながら、
不思議な雰囲気に包まれています。

20140301_103515941_iOS.jpg

入ってすぐの古びた棚には、自家製のジャムの瓶、珈琲豆が販売されています。

窓際の席に腰掛けました。

これまた味のある黄ばんだザラ版紙に印刷されたメニューから、
20140301_103336119_iOS.jpg

⚫︎ホットコーヒー(アーベントロート)500円
⚫︎パンケーキ メープルシロップ&ジャム 600円

を注文。


必要最低限の裸電球の灯りは、気分をゆったりのんびりさせてくれます。
ここは、おそらく昼間より夜が良い。

25分ほどしてから、先にコーヒーがきました。
20140301_105729944_iOS.jpg

大ぶりマグカップに入ってきます。持ち手が四角で持ちやすい。

立ち昇る香りは僅かながら、風味はしっかりしていて、
酸味が少しありますが、スッキリ。
鼻に抜ける香りは深く香ばしいです。何処かで頂いたコーヒーによく似ています…

パンケーキが来ました。
20140301_110624765_iOS.jpg

10cmほどのパンケーキが二枚。

ジャムはママレードの様ですね。
でも、オレンジではなさそう。
20140301_110804407_iOS.jpg

切った感じは、もっちりしています。
厚みがないので、それほどもちもちは感じませんが、ふわもち系。
メープルシロップとジャムがあらかじめ掛かっているので、プレーンの風味を味わう事は出来ませんでしたが、
小麦の香りがきっちりする、とてもシンプルなパンケーキ。

このお店の主たるものは何か、はっきり教えてもらえた様なメニューでした。

会計の時、「さっきのマーマレードは、なんのマーマレードですか?」と伺うと、
シャイな感じのご店主が、
「色んな、柑橘類です…」とおっしゃいました。

棚をみると『様々な柑橘』という名の瓶詰めがありましたので、これでしょう。
単一ではない、様々な皮の苦味が味わえて美味しかったです。

独特の空間、クセになっている常連さんもいらっしゃるようです。


ご馳走様でした。




関連ランキング:コーヒー専門店 | 苦楽園口駅


category: 兵庫

thread: パンケーキ - janre: グルメ

tag: パンケーキ  兵庫  苦楽園口  カフェ   
tb: 0   cm: 0

△top