『雨ときどきパンケーキ』

雨女まいたんがゆく、ときどきパンケーキ、のちにかき氷。まれにスコーン。

おづKyoto -maison du sake-5月末で改装へ。 

 

005-20180527-123816.jpg

【丸太町】おづKyoto -maison du sake-
<このお店は2018年5月末でリニューアル閉店>

関連記事はこちら
これは新感覚☆発酵三昧なかき氷!おづkyoto
おづKyoto・桜かき氷「霞」ーこちらの氷はワンダーだ
おづKyoto・四月の氷 「鶯」
おづKyoto・十二月の氷「琥珀」
おづKyoto -maison du sake-5月末で改装へ。

京都 でダントツで好きなかき氷 ・おづ さん、5月をもってリニューアル閉店という事で訪問しました。

042-20180527-131935.jpg

043-20180527-131919.jpg

リニューアル再開後、かき氷の提供は不明。もしあっても店長ゆかりさんの削りにはもう会えません…
つまりおづをおづたらしめた立役者の店長・ゆかりさんが削るかき氷は、正真正銘ラストです。

噂を聞きつけた常連さんたちの予約でいっぱいだったんですが、お一人なら!となんとか受け入れてくださいました。感謝!
初めて訪問した時と同じカウンター席で。

009-20180527-122417.jpg


●季節の氷 紅(べに)
008-20180527-123731.jpg

赤すぐり・黒すぐりで作られたソースはしゅわしゅわ炭酸エスプーマ!
三つ並んだすぐりが髪飾りみたいでとても愛らしく。

004-20180527-123846.jpg

しゅわっと口の中で軽く弾けるスパーリングなエスプーマの下には鮮烈な赤。まさに紅色の氷が隠れています。なんて色っぽい!
でもあくまで爽やかな風味。

003-20180527-123902.jpg

進むにつれ出現する酒粕と手作り甘酒がまったりとした、まるで濃厚な生クリームの上澄みのような舌触り。
さらに底の方にはバニラカスタードクリーム。これ、クリームパンに詰めたい!

別添えの「花琥珀」というお酒を掛けると一層華やかに。
可愛らしい女の子の中に秘めたる女性性の様なドラマティックなかき氷でした。

二杯目は、今まで、いつでも食べられるや、と思って後回しにしていた松 を頂きました。

●松
046-20180527-125953.jpg

エスプーマが掛かっていないシンプルなビジュアルだからこそ際立つ削りの美しさ。
まるで松葉のような氷は、束感がありながら一本一本が針のように研ぎ澄まされた美しさ。

045-20180527-130004.jpg

上品な抹茶の甘さと、中に仕込まれた抹茶甘酒クリームの大人っぽい香り!
硬めの赤豆と、白玉。王道な中にもおづらしさが光る素晴らしい作品。

044-20180527-130034.jpg


これで本当の本当にラスト。悲しすぎます…
しかし当のゆかりさんはいつも通りの明るく知的な笑顔で、

「いつかおばあちゃんになったらお店でもします!」って!

私もおばあちゃんになっても食べに行きますし(´Д⊂ヽ!

二年間本当にお疲れ様でした。初めて食べた「雪」の衝撃と感動、忘れません。
ゆかりさん、貴女はまさにマエストロ!またどこかでお会いすることを願って!

ご馳走様でした。



関連ランキング:カフェ | 丸太町駅(京都市営)今出川駅

スポンサーサイト

category: ●かき氷 再訪

thread: かき氷・アイス、ソフトクリーム - janre: グルメ

tag: かき氷  京都    丸太町  御所  カフェ  日本酒  茶寮 
tb: 0   cm: 0

△top

清水一芳園・栗のエスプーマかき氷「栗 kuri」 

 

072-20171203-124731.jpg

【七条 】清水一芳園
関連記事はこちら
清水一芳園・京都初?!抹茶エスプーマかき氷「亀」
清水一芳園・桜餅エスプーマかき氷「舞」
清水一芳園・栗のエスプーマかき氷「栗kuri」


「kuri」…栗のエスプーマなんて聞いたことあります?!
清水一芳園さんの12月初旬までの期間限定かき氷「kuri」。
栗のエスプーマにカリカリキャラメリゼされた胡桃、更に栗がパラパラと。
途中ベリーソースを掛けてお召し上がり下さいとのこと。栗にベリーソースか…。
シンプルに栗だけを味わいたい気もするけれど、どうだろう?

074-20171203-123053.jpg

072-20171203-124731.jpg

071-20171203-124736.jpg

エスプーマがとろ〜っと溶岩の様に流れ落ちる…!思わずスプーンですくってエスプーマだけ口へ。
ふわっふわ…やはりペーストと違い泡だと口当たりがとっても軽く優しく、香りだけが舌の上に残るよう。
栗の素朴な芳ばしさがたまらない、美味しい泡…♡

069-20171203-124818.jpg

今日の削りはちょっぴり重めに感じましたが、もちろん一定のレベルは保った氷。
食べ進めて、口が冷えてくると味覚はどんどん鈍くなります。
すると、栗のエスプーマがちょっと物足りなくなってくるんですね。

067-20171203-125231.jpg

ちょうどそれくらいの時に中から現れるベリーソース!
クリームと合わせてあるので酸味が立ちすぎず、さらに氷と混ざり合いシャーベットの様。ブルーベリーも唯一のフレッシュなものなのでみずみずしさが引き立ちます。

068-20171203-125139.jpg

さらにベリーソースを上から掛けるんですが、さすがに栗らしさは霧散してしまい、これはちょっと残念なんですけれど、全くないワケじゃない。確かに栗はベースに居て、のベリーだから良いのかな?
ベリーは華やかで12月らしさもあり、美味しい。
ケーキのモンブランにベリーが忍ばされていて、最終全部持っていかれる感じに似ていました。




以下はアップできていなかった十月のハロウィン限定かき氷(^_^;)

年々盛り上がりをみせるハロウィンです。私は仮装とかパーリーは性に合わないので、食べる事でハロウィン感じることにしています。
京都の清水一芳園さんからも今年はハロウィン限定かき氷のお知らせ!

311-20171027-120855.jpg

なんたる可愛さ♡
その名も「OBAKE 」です。
ほわほわのかぼちゃエスプーマをフリルの様に絞り出し、紫芋のペーストをトッピング。
さらに一個一個お顔が違うマシュマロおばけがトップにちょこん!
仕上げはブラックペッパーの刺激を少々。

306-20171027-121031.jpg

中はなんと黒蜜ベースのかき氷。
かぼちゃの甘みに黒蜜の滋味が素朴に馴染み、さらに中にはレアチーズケーキ!固めで生地がザクッとしたタイプなので、他と全く食感が違ってよろしいですな〜。
黒蜜との相性も悪くないし、むしろ黒蜜の互換性がすごいわ!(笑)

304-20171027-121100.jpg

こちらのかき氷は本当に毎回一杯で満足しちゃって、お代わりしたことがないんです。
ボリューム的に丁度良いし、スイーツとしての物足りなさみたいなものが全くないんですね。
いやはやお見事です。

ご馳走様でした。



関連ランキング:カフェ | 七条駅東福寺駅清水五条駅


category: ●かき氷 再訪

thread: かき氷・アイス、ソフトクリーム - janre: グルメ

tag: かき氷  京都  東山    七条  東山七条  甘味処  茶寮 
tb: 0   cm: 0

△top

おづKyoto・十二月の氷「琥珀」 

 

079-20171203-111838.jpg

【丸太町】おづKyoto -maison du sake-
関連記事はこちら
これは新感覚☆発酵三昧なかき氷!おづkyoto
おづKyoto・桜かき氷「霞」ーこちらの氷はワンダーだ
おづKyoto・四月の氷 「鶯」
おづKyoto・十二月の氷「琥珀」
おづKyoto -maison du sake-5月末で改装へ。

いよいよ師走の京都です。
紅葉も盛りが過ぎて、大量の落ち葉を前に箒片手にボー然とする人もちらほら見かける御所近辺。

おづさんの十一月、十二月の氷「琥珀」が絶品だと聞き付けてやって来ました。
琥珀は去年からあったのですが、私は頂けていなかったのと、さらにパワーアップしたとの事で楽しみ♪
いつも気さくな笑顔のゆかりさんがお出迎え下さいました。

080-20171203-110805.jpg


●琥珀
078-20171203-111853.jpg

おぉぉ…十月の氷「祭」が銀杏の様な黄色だったのに対して、こちらはまた一段と紅葉が進んだ冬枯れの広葉樹に、クリスマスの飾り付けをした様な大人なクリスマスツリー。

077-20171203-111920.jpg

ミルクシロップをベースに、なんと酒粕にコーヒーを合わせたクリーム!
そこに日本酒に漬け込んだドライフルーツ、ナッツ、賽の目切りにしたおいも、さくさくメレンゲ。

075-20171203-111948.jpg

酒粕の香りの後に、ふわっとコーヒーが残る!
酒粕とコーヒーが無理なく同居している見事なクリーム。
さらにここに、日本酒(さらに新鮮さがある生酒という種類らしい)に漬け込んだドライフルーツ。
これにはシナモンなどの香辛料も一緒に漬け込まれているので、全体的な印象がシュトレンの様!

中には滑らかなおいものペーストにこしあんを合わせて更に甘みを持たせて。
一番下には酒粕のアイス。
これはおづさんの真打という感じで、スッキリとしながらクリームチーズの様な濃厚さもあり、流石の美味しさ。

こんなにいろんな要素が盛り込まれているのに、取っ散らかることなく、むしろそれぞれの素材が織り成す様に次々と役割ん果たしているのが、おづさんの凄いところです。

来月はいよいよお正月。
酒粕パワーが炸裂しそうで、楽しみ♪




042-20171018-131542.jpg

十月の氷「祭」 、アップできてなかったので写真だけでも載せておきます(^_^;)
かぼちゃペーストにピンクペッパー、トップの飴細工が華やかな素晴らしい氷でした!

040-20171018-131604.jpg
037-20171018-131655.jpg

ご馳走様でした。



関連ランキング:カフェ | 丸太町駅(京都市営)今出川駅


category: ●かき氷 再訪

thread: かき氷・アイス、ソフトクリーム - janre: グルメ

tag: かき氷  京都    丸太町  御所  カフェ  日本酒  茶寮 
tb: 0   cm: 0

△top

笹屋伊織・黒蜜きなこ金時 

 

009-20170810-163410.jpg

【七条大宮】 笹屋伊織

七条大宮の龍谷大学大宮学舎の近くにある創業300年になる和菓子屋さんです。京都では有名なお店のひとつ。
かき氷があるのがずっと気になっていて、今回初めて寄ってみました。
上品でモダンな店構えで、販売エリアの片側がイートインスペースになっています。

012-20170810-162907.jpg

010-20170810-162942.jpg

004-20170810-164033.jpg


●黒蜜きなこ金時 918円
シンプルイズベストな和のかき氷。
007-20170810-163434.jpg

お盆に何やら短冊が。旧暦の由来が書かれています。へ〜という感じで、なんだか和みます。

006-20170810-163441.jpg

サクッと削られた氷は口当たりも良く、スッと溶ける。黒蜜はあっさりとしていて後味もサッパリとしています。
あんこはさすが和菓子屋さんといったところですね。

005-20170810-163537.jpg

白玉の艶やかさ、ムチムチ感も良くて最後の方に食べても硬くならないところが良いなぁ。
もう少しきな粉が降りかかっていればベストでした。

最後に熱いお茶のサービスは嬉しかったです。

お盆のお供えものを買いに来られる方が多く見受けられました。
退店時に、お店の方がわざわざ外までお見送り頂くのには感心しました。

ご馳走様でした。



関連ランキング:和菓子 | 丹波口駅京都駅


category: ●かき氷

thread: かき氷・アイス、ソフトクリーム - janre: グルメ

tag: かき氷  京都  七条大宮  甘味処  茶寮 
tb: 0   cm: 0

△top

茶三楽・あの下北沢の名店の味を引き継いだかき氷が2017年6月本格開始☆ 

 

034-20170508-111518.jpg

【嵐山】 茶三楽

かき氷好きさんからの情報で、2017年5月の7.8日の二日間、東京下北沢の大人気店、しもきた茶苑大山さんがかき氷を提供に来られる!

地元京都で大山さんのかき氷が?!ラッキー!!
以前下北沢のお店に伺った時にはエスプーマが売り切れだったから、まさか京都でとは…!
すわ行ってきました。

027-20170508-114255.jpg

場所は嵐電嵐山から数分、新しいながら上品な店構えの茶三楽さん。
普段はお茶を使ったお食事のコースなどを提供されているそうです。

052-20170508-105344.jpg
051-20170508-105754.jpg

お茶にこだわりあるお店繋がりなのか、大山さんを招いての二日間かき氷だけのイベント。
イベントと言っても落ち着いた店内で着物を着たお姉さん方のご接待だからなんとも雅やか。
お茶に対してすごく丁寧なご説明があり、お茶を大事にしておられる姿勢が伺えます。

029-20170508-113714.jpg

まずはお茶の時間。(かき氷とセットでした)
宮崎県のほうじ茶を三回に分けて頂きます。

043-20170508-110816.jpg

まずは軽く湯冷まししてサッと出した一煎目。
口当たりのまろやかさにびっくり。ほうじ茶の香りは京都のより軽やかで、口の中でコロリと回る様なお茶。
あぁ落ち着くわぁ。

そうこうしているうちにかき氷の時間。
●抹茶エスプーマ
035-20170508-111509.jpg

しもきた茶苑大山さん自らがかき氷用にブレンドしたという宇治の農家さんのお茶です。
「しもきた茶苑より良いものだから、もしかしたらうちより美味しかもしれない」という!

なだらかな若草萌える山の様なエスプーマ。仕上げに抹茶粉末も振り掛けられて。
みるみる馴染んでゆくので、写真もほどほどにさっそく一口目。

033-20170508-111534.jpg

うわ〜上品!
エスプーマはあまり立ち過ぎない具合にしてあり、氷との馴染みが良い。
甘みも極力控えめだからお抹茶の香りをダイレクトに感じられます。
お好みで白蜜を足したり、小豆を足したり。

032-20170508-111606.jpg

031-20170508-111627.jpg

氷が良い意味で存在感が薄くて、やはりこのかき氷はお抹茶を味わうためのもの。
器が平茶碗だから、お薄を味わうように、最後は手に持ってズッといってしまいましょう。

落ち着いてほうじ茶の二煎目。
ストップウォッチで40秒、三煎目は1分40秒と味の変化を楽しみました。

042-20170508-110913.jpg


ここで朗報。
6月から本格的にかき氷の提供開始とのこと。
しもきた茶苑大山さんのレシピを受け継いで、しっかり勉強された(大山さんも太鼓判!)のスタッフさんが主力でやっていかれるそう。
何はともあれ、京都で下北沢のかき氷が頂けるなんて素晴らしすぎるでしょー!!

これから楽しみになりそうです。
ご馳走様でした。
037-20170508-111443.jpg




関連ランキング:カフェ | 嵐山駅(京福)嵐電嵯峨駅トロッコ嵯峨駅


category: ●イベント

thread: かき氷・アイス、ソフトクリーム - janre: グルメ

tag: かき氷  イベント  京都  嵐山  茶寮  茶房 
tb: 0   cm: 0

△top