FC2ブログ

『雨ときどきパンケーキ』

雨女まいたんがゆく、ときどきパンケーキ、のちにかき氷。まれにスコーン。

伊藤軒/SOU.SOU コラボスイーツ・バレンタインにも 

 

【PR】伊藤軒/SOU.SOU

伝統的な日本のテキスタイルで足袋をはじめ風呂敷や文具まで幅広い商品作りをされているSOU.SOU足袋さんと、
京都伏見で話題の老舗菓子屋、伊藤軒さんがコラボして、可愛いお菓子を展開されているのはすでにご存知の方も多いでしょう。

今回、新商品が発売されました!

0027-20210129-223209.jpeg


パッケージがめちゃくちゃ可愛いです♡
しっかりした箱だから、食べ終わった後も何かに使いたい♡

0026-20210129-223218.jpeg

●焼きショコラりんご 195円
サクホロな焼きショコラの中にはホワイトチョコクリーム、角切りりんご。

●しっとりチョコサブレ 173円
柔らかサブレ生地の中にホワイトチョコのガナッシュで口溶け良く。

●ショコラあられ 216円
コロコロおかきにチョコが掛かっていて、甘じょっぱさとサクサク食感が良き💗

これらの詰め合わせ(1,080円)が、
JR伊勢丹地下一階ポップアップショップで購入できます(1/20~2/9)

メゾンカイザーさんのある入り口からすぐのコーナーです。

お出掛けがちょっとしにくい昨今。
予約企画でネット通販も出来ます。
(1/14~2/3、13:00までの受付販売)

バレンタインはもちろん、自分のおやつにも!
上記の予約企画期間が終わっても、販売の予定があるので、HPを確認してみてくださいね。


https://www.sousou.co.jp/other/okashi/2021/

ご馳走様でした。

スポンサーサイト



category: ●カフェ・スイーツ

tag: バレンタイン  期間限定  PR 
tb: 0   cm: 0

△top

京都の胡麻クレープ専門店!胡麻屋くれぇぷ堂 

 

0009-20210114-125610.jpeg

【三条】胡麻屋くれぇぷ堂

千本通りから堀川通りを繋ぐように東西に続く商店街、三条会商店街。

0011-20210114-131625.jpeg

昔ながらの商店や、独創的なお店、人気カフェなどが入り混じり独特の楽しさを持っています。

そのちょうど真ん中くらいにある「胡麻屋くれぇぷ堂」さん。
前から気になってたお店!

0004-20210114-125022.jpeg

結論、なんでもっと早く行かへんかったんや~?!

クレープ屋さんなんですが、お店の名前通り、胡麻をふんだんに使ったクレープを提供されるお店なんです。

0005-20210201-140656.jpeg

今回私が注文したのはデザートクレープですが、おかず系になるとこの3倍は時間を掛けてパリパリ生地に仕上げるそうです。

お店で使われる生クリームにももちろん胡麻ペーストが混ぜ込まれています。
仕上げに「胡麻界のロマネコンティ」と言われるトルコ産金ごまをたっぷりとフリフリ…

0007-20210114-125457.jpeg

●いちごチョコレート 540円
一口目に感じる胡麻の香ばしさにびっくり!
あぁ~良い香り…
胡麻せんべいを食べた様な胡麻の風味がぶわっ!

そして胡麻ペーストが混ぜ込まれた生クリームにうっとり…
苺の甘酸っぱさと胡麻の香ばしさがこんなに合うなんて意外でした。

スイーツ系とおかず系をダブルで食べる人もいるらしいですが、納得。これは食べられるわ!


と言うわけで早速再訪!

お店のイチオシメニュー?!を頂きます。

●<ごま増量>京野菜ミックスごまダブル 520円

ごまペーストの練り込まれた生地を素早く伸ばし、焼いていかれます。
スイーツ系の時より時間をかけてパリパリに!

0006-20210201-141002.jpeg

水菜、九条葱など京野菜に、黒ごまちりめん山椒、そしてチーズ。さらにごま風味のマヨネーズをたっぷり。

ここで三色の胡麻をなんと大さじ4杯も!

0007-20210201-141015.jpeg

焼くほどにプチっプチっと胡麻がはぜ、良い香りが広がる…♡

0008-20210201-141020.jpeg

0001-20210201-141135.jpeg

出来上がり!持つ手からもホカホカが伝わる♪

0003-20210201-141328.jpeg

いかにもパリパリの渦巻きでしょう?
スイーツ系よりも時間をかけて焼き上げた生地は予想以上のパリパリ!薄めの胡麻煎餅みたい。最高!

京野菜の程よい渋みが、焼くことで香りと甘みが引き出されています。
これは唯一無二ですね。オススメ!

0002-20210201-141317.jpeg


イートインスペースもありますが、お店の前がちょうど公園になっているので、そこで頂くのも気持ち良いですよ。

0004-20210201-141942.jpeg

ご馳走様でした♪




関連ランキング:クレープ | 二条城前駅大宮駅四条大宮駅


category: ●カフェ・スイーツ

tag: クレープ  テイクアウト  京都  カフェ  三条 
tb: 0   cm: 0

△top

今宮神社で厄除け祈願!千年企業であぶり餅を食す。一文字和輔 

 

0001-20210105-142437.jpeg

【紫野】一文字屋和輔

2021年1月、松の内。
今年は例年と違って静かなお正月でしたね。
あんまりお家にこもり過ぎてもいけないからと、お散歩に。
今宮神社の手水舎がお正月仕様に飾られているのを知って。

0006-20210105-141209.jpeg

近年すっかり有名になった今宮神社さん。
昔は色々と気にされていない感じがあったのですが(笑)、最近はキリッとなさって見違えるわ~。

最近お寺の手水鉢や、神社の手水舎を花で飾るのがブーム(?!)みたいですね。
今宮さんもこんな感じで設えてありました!

0007-20210105-141339.jpeg

どなたかの寄進の様です。粋だなぁ。

0008-20210105-141422.jpeg


釜座のお花屋さん・セラヴィさんが設えをなさった様で、とっても素敵!華やか!
セラヴィさんは何回も注文しているくらいのファンです♡
とてもセンスの良いお花屋さんです。是非♪

コロナ退散祈願のお参りも済ませて、…って今宮さんに来たからにはただでは帰れん(笑)。

そう、あぶり餅っ!


今宮神社の参道に向かい合って立つ二軒のあぶり餅屋さんからは、炭火で炙られたお餅の香ばしい香りが絶えず漂っています。

0002-20210105-143724.jpeg

この香りを昔から嗅ぎ慣れている人はそう、北区っ子。
北区っ子のソウルフード。それがあぶり餅です。

あぶり餅も厄除けのお餅と言われているそうです。

IMG_0096.jpeg

今日は一文字屋さんの方で頂きました。
屋根にかかる松が風情あります。

ブログを書くにあたって色々と調べてみましたら(一応ね…)、一文字和輔さんは、「1000年企業」の一つだそうです。
「1000年企業」とは読んで字の如く、創業1000年を超える企業のことで、日本ではこの「一文字和輔」さん含めたった9社しかないそうです。
むしろ9社もある!というべきか。

一文字和輔さんの創業は平安時代中期だそう…。
ちょっと果てしな過ぎますね。

「一文字和輔さんには井戸がある」というのはにわかに聞く話ですが、私はまだ見学したことがありません。
お願いすると見学できると言う話です。

0009-20210105-141608.jpeg

竹ひごの串に、小さくまとめられて、きな粉をまぶしたお餅を刺して。
扇の様にまとめて持ちつつ、炭火で炙ってゆきます。この時の香りがたまらんのです~。

●あぶり餅 一人前 500円
お持ち帰りは三人前からです。

0012-20210105-142354.jpeg

仕上げに白味噌をベースにした甘だれが掛けられている、シンプルな甘味。

0013-20210105-142422.jpeg

このおこげが、白味噌の甘みを引き立てている大事な要素なのです。

よくお向かいの「かざり屋」さんとの違いを聞かれますが、これはもう好みかな。

強いて言うなら、一文字和輔の方が白味噌のタレが若干さっぱりしている様な気がします。
それも季節で微妙に配合を変えていると言う話だし、厳密に二つ両手に食べ比べてみないと分からないですね!
やってみたいかも(笑)。

でも参道を行くたびに両方のお店から呼び込みされるこの活気ある雰囲気が大好きだから、どちらのお店も変わらず在り続けて頂きたいものです。


ご馳走様でした♡

新年から、茶色いものしかたべてない…。



関連ランキング:和菓子 | 北大路駅鞍馬口駅


category: ●カフェ・スイーツ

tag: 京都  紫野  老舗 
tb: 0   cm: 0

△top

Patisserie du Jour Jouissance 北大路の幻のパティスリー 

 

0042-20201212-161324.jpeg

【北大路】Patisserie du Jour Jouissance (パティスリー ドュ ジュール ジュイサンス)

京都市地下鉄北大路通下車2.3分、大谷大学のすぐ横にある幻のパティスリー、ジュイサンス さん。

何故「幻の~」かと言うと、今現在土日のみの営業だから。
(※2020年12月時点)
しばらく前まで全面休業してらしたから、土日だけでも再開を待ちわびたファンがこぞって訪れています。

念のため営業日はお店の公式Instagramをご覧の上、来店をオススメします。

IMG_0066.jpeg

0035-20201212-120920.jpeg

しかしまだ提供個数に限りがあるので(ショーケースのケーキは二個まで。ショートケーキは一個まで)、
ケーキはお土産にして、店頭ではクレミアアイスを頂きました。

ただ今コロナ対応で、店内にお席はありません。店先のカウンター2テーブルと、床几席2つのみです。お気をつけて。

●クレミアベリー 850円
0036-20201212-122229.jpeg

めちゃくちゃ可愛いソフトクリーム♡
美しく絞り出されたチョコクリミアソフトに、いちごが詰まっています。

0037-20201212-122245.jpeg

チョコソフトに苺の甘酸っぱさが本当に美味しい~。

0040-20201212-122428.jpeg


こちらはお持ち帰りした
●ジュイサンスショートケーキ
●エクレア

0041-20201212-161315.jpeg

周りのフィルムは剥がさずに、スプーンで頂くショートケーキ。
ゆるゆるのクリームは新鮮で、甘さ控えめだからもう軽い軽い♪

0032-20201212-161523.jpeg

私が特に気に入ったのは実はエクレア!
大きめアーモンドダイスがシューと一緒に焼き上げられているので、ザクザクとした歯応え!
中のクリームと苺の甘酸っぱいコントラストが良く、ボリュームもちょうど良い♪

美味しく頂きました。

ご馳走様でした。



関連ランキング:カフェ | 北大路駅鞍馬口駅



category: ●カフェ・スイーツ

tag: 京都  北大路  パティスリー   
tb: 0   cm: 0

△top

のぼり窯カフェ・信楽の登り窯の中でカフェ体験 

 

0018-20201209-151344.jpeg

【信楽】のぼり窯カフェ

私、NHK朝の連続テレビ小説を熱心に観る派(キリッ)。
ちょうど2020年春まで放送していたBK制作の『スカーレット』もハマって観てました。
もう一年経つのに、ロケ地巡りしてみたかったんです。
というわけで、信楽!

でも思い付きで来てしまったせいで、セットなどが見学出来る「旧信楽伝統産業会館」はお休み…

では代わりに、となんとなく寄った「信楽陶芸村」。
ここが大ヒットでした!!!

0007-20201209-145135.jpeg

入り口からズラリと居並ぶ信楽たぬき。
よく見たら愛嬌ありまくりですね~。

0006-20201209-145113.jpeg

奥にあるのはなんと、「のぼり窯カフェ」!

0008-20201209-145242.jpeg

本物の登り窯の中でお茶が出来てしまうんです。

0013-20201209-150235.jpeg

登り窯は階段状に小さな窯が連なっている形状で、その小さな窯の一つ一つがさながらカプセルホテルの様で、なんとも落ち着くボリュームなのです。

0012-20201209-145912.jpeg

しかも美しいです…

注文は、登り窯の向かいにある建物で。前払い制です。
その後カラオケボックスみたいにどの窯に入るか指定されます。

0011-20201209-145525.jpeg

いざ入窯(!?)
灰のこびりついた壁がなんとも言えぬテクスチャを作り出しています。
それでいて、繭に包まれているかのような、不思議な温かみ。
居心地がいいのです。

0017-20201209-151200.jpeg

●山田牧場のバウムクーヘンセット 800円
●陶芸村オリジナル黒炭ロールケーキセット 800円


当たり前だけど、信楽焼の器で出てきます♡

空間もスイーツも信楽に満たされる最高の空間でした!

0015-20201209-150333.jpeg

陶芸村一帯にはたくさんの信楽たぬきが。
丘の上には昔ながらの穴窯や小さな祠もあって、焼き物の精神ってちょっとミステリアスだな~…と感じました。

土と火は、最も原始的な時代からのお付き合いだからかな。

貴重な体験でした。
ご馳走様でした。

この後『スカーレット』のロケ地までゆっくり歩いて見学しましたよ。
歩いて巡るのも、町を肌で感じられて良いですよね~。

まだまだ信楽の町は『スカーレット』一色!

0023-20201209-155826.jpeg

信楽駅からスタートするとしたら、駅すぐのところにある「甲賀市信楽地域市民センター」で『ドラマップ』というロケ地巡りには必需品の地図がもらえます。
駐車場もあります。ここで駐車して街歩きするのにちょうど良いでしょう。

私が行けなかった、セット展示がしてある「旧信楽伝統産業会館」も直ぐです。

新宮神社の横を通り、斜めに住宅地を縫うように進みます。(またこの住宅地が味があって良いんだ…)

0024-20201209-162015.jpeg

ひいろ壷坂」を登り切ったところに、『スカーレット』で何度か印象的に登場したあの坂に辿り着きます!

0025-20201209-162105.jpeg

ひとしきり喜美子になり切って撮影して(※生活道路なので車にご注意)、
その坂を登り切ったところも、あら見たことある…!

0027-20201209-162414.jpeg

そう、「丸熊陶業」のロケ地です!
実際には「山文製陶所」「谷寛窯」「卯山窯」などの窯元が集まる地域です。
ロケで使われた「丸熊陶業」のセット看板が残されていましたよ!

0029-20201209-162519.jpeg

作品を販売されていたり、ギャラリーになっているので、是非覗いてみてください。
ものすごく素敵で、焼き物って本当にいろんな表情があるなぁと改めて気付かされます。

0031-20201209-162824.jpeg

我が家は器が好きで、もう収納場所がなくて買って帰ると怒られるから(涙)今回は見送りましたが、
彼は「谷寛窯ギャラリー・ほうざん」でお気に入りを見つけて即購入していました。

0002-20201209-163632.jpeg

モダンで使いやすそうな上にお手頃なのよ…!
私も改めて買いに再訪したい~!!ウズウズ!

夕闇の信楽の町もまた魅力的でした。
コロナ禍が落ち着いたらまた改めてお伺いしたいです。

0003-20201209-165918.jpeg

信楽は、ええよ~♡

0004-20201209-221742.jpeg

↓信楽町観光協会さんHP
https://www.e-shigaraki.org/

↓「スカーレット」で甲賀を盛り上げる推進協議会さんHP
https://scarlet-koka.jp/



関連ランキング:カフェ | 信楽駅


category: ●カフェ・スイーツ

tag: 滋賀  信楽  カフェ 
tb: 0   cm: 0

△top