『雨ときどきパンケーキ』

雨女まいたんがゆく、ときどきパンケーキ、のちにかき氷。まれにスコーン。

今年は抹茶スイーツがまたまたブーム?大満足抹茶ビュッフェ・京都センチュリーホテル MATCHA SWEETS GARDEN 

 



【京都】京都センチュリーホテル オールデイダイニング ラジョウ
関連記事はこちら
2017年7月まで!MATCHA Sweet Garden~ 初夏の京アフタヌーンティー ~

去年に引き続き、京都センチュリーホテル ラジョウで開催されている
抹茶スイーツビュッフェ MATCHA SWEETS GARDEN」初日に行って来ました!
去年伺って、そのレベルの高さにびっくり♡演出にもびっくり♡安定のリピートです。

ただ今センチュリーホテルは改装中。「ホテル無くなった?!」と思わないでね(笑)ありますから!
二階へのエスカレーターも撤去されていますから、階段か奥のエレベーターで二階へ。
大きなランプシェードのある空間が会場ですよ。

047-20180520-151025.jpg

046-20180520-151405.jpg

去年に引き続き、今年もデコレーション監修は京都で絶対的支持を集める雑貨屋さんINOBUNが担当しているから間違いなく可愛い♡スイーツに混じってぬいぐるみやらガーランドがセンス良く配置。

029-20180520-152442.jpg

さらに今年は若い女性に人気急上昇中のお寺・宇治田原の正寿院さんとのコラボレーション。
ハートの窓「猪目窓」や、カラフルな「天井画」を思わせる飾り付けになっていて、テンション上がるっちゅーねん(≧∀≦)!

001-20180520-152426.jpg

004-20180520-152353.jpg

そして、お楽しみがこの
アヴァンデセール「INOMEMADO」
020-20180520-152636.jpg

全ての人に振る舞われりこのスイーツは、ホテルスタッフさんの掛け声(役者さんかな!?と思う位よく通る声!)を合図に一斉に頂きます。
017-20180520-152832.jpg

中から生いちごが出てきた人が当たり!
特製スイーツプレートが振る舞われるという粋な演出です。
当たらなかったけど、この抹茶ティラミスすごく美味ーっ!!トロトロっ!!!

016-20180520-152954.jpg

このイベントが終わると各馬一斉にスタート!
だけど焦らないで。天井画のグラススイーツを中心にケーキ類は左右対象に配置されていますから、満遍なく左右に別れて取りに行きましょう。
(一部向かって右側しかないスイーツも多数あり)

021-20180520-152554.jpg

030-20180520-152434.jpg

どこを見ても抹茶抹茶抹茶♡
抹茶は有名な京都の祇園辻利さんのを使用されていますから、お味も間違いなし!

001-20180520-152250.jpg

うさぎの横には卵みたいな可愛らしい抹茶マカロン 茶花仕立てがずらーっ♡カワイイ!
ケーキたちももちろん抹茶。あぁ緑色が美しい。去年あったパリブレスト抹茶は今年も登場。

036-20180520-152347_2018052823120269f.jpg

お食事も充実していますよ。
なんと茶蕎麦のペペロンチーノ!これお家でも真似したい。

022-20180520-152538.jpg

抹茶が混ぜられたスクランブルエッグの乗ったカナッペに、鴨肉のローストにも抹茶のペースト。どれも美味です。

024-20180520-152528.jpg

009-20180520-155058.jpg

抹茶クリームの中に甘酸っぱいベリーを忍ばせ、ふわふわブリオッシュでサンドした抹茶のトロペジェンヌは必食。

034-20180520-152407_20180528231156180.jpg

スイーツの中で特に気に入ったのは抹茶と白桃のショートケーキ 
002-20180520-152323.jpg

抹茶生地のスポンジに白桃をあしらったフレッシュさがピカイチ。本当に美味しい。

抹茶フロマージュスフレは濃厚抹茶生地がフワッフワでお口の中でシュワ~と解ける感じがたまらない!!
038-20180520-152331.jpg

柑橘と抹茶を合わせた抹茶蜜柑のオペラ
は美しく、見た目以上にお味のコントラストが効いた逸品。

003-20180520-152337.jpg

チョコレート三種も忘れずに取りに行きましょう。別の島になっているから忘れられがち。
なんと山椒の効いたプラリネや柚子のチョコレートが。京都っぽくありながら革新的!

001-20180520-152212.jpg
043-20180520-152234.jpg


ドリンクはオーダー三種。
それ以外はビュッフェで取りに行けますよ。

005-20180520-160141.jpg

ノンアルコールのオリジナル抹茶カクテルは正寿院の風鈴まつりをイメージ。
ミルクかソーダ、お好みの方を選べます。
抹茶のパウダーシュガーとキラキラハート形のシュガーを混ぜて涼しげなドリンクに。

001-20180520-165842.jpg

90分か~余裕余裕!とか思っていましたが、あっという間に時は過ぎてしまいます。能率的に取りに行きたいですね。

003-20180520-161532.jpg

こちらの大満足な抹茶をメインにしたビュッフェ、
抹茶スイーツビュッフェ 「MATCHA SWEETS GARDEN」
2018年5月20日~8月26日までの日曜日限定
【 1部 】13:30~15:00 【 2部 】15:30~17:00 <90分制>
大人4,500円 7-12歳2,500円 4-6歳1,200円
(消費税・サービス料込)
予約制です。

ご馳走様でした!



関連ランキング:バイキング | 京都駅七条駅九条駅


スポンサーサイト

category: ●カフェ・スイーツ

thread: バイキング・食べ放題 - janre: グルメ

tag: ビュッフェ  ホテルビュッフェ  京都  京都駅 
tb: 0   cm: 2

△top

スイーツ王国はますます拡大中☆ラ・コリーナのふわっふわ焼きたてカステラ 

 

032-20180501-165028.jpg

【近江八幡】ラコリーナ近江八幡 カステラショップ
関連記事はこちら
楽しい!スイーツアミューズメントは拡大中☆ラ・コリーナ 近江八幡店

近江八幡 のラ・コリーナ近江八幡 へ久しぶりに行ってみました。

以前友達と訪問した時は夏で、屋根の緑が美しく感動しました。
5月の屋根はまだちょっと枯れた様な色です。これからですね。

020-20180501-172315.jpg

しかし、ジブリっぽい建物は更に拡大して奥のエリアが増設されていました!
これはもう、一つの小さな村みたいな規模。
お菓子屋さんでこのパワーは本当に凄い!

025-20180501-170631.jpg

以前からあったメインショップを抜けた向こう側にはなんと大きな池が誕生。
お池の周りは蓮華や菜の花、シロツメクサなどが咲いている自然なお花畑になっています。

041-20180501-163707.jpg

周囲をぐるっと回れる様になっていて、半分は美しい渡り廊下に。

002-20180501-164105.jpg

040-20180501-163923.jpg

左手はフードガレージという建物で、ギフトショップとフードコートが入ってます。
ギフトショップはガレージの様な空間で、二階建てバスが鎮座し、めちゃくちゃカッコいいディスプレイ!
フードコートは時間的にほとんど売り切れでしたが、これまた気になるショップばかり。

右手が緑の屋根のカステラショップ。屋根からポタポタと雫が絶え間なく落ちて、それが小川の様になっています。

043-20180501-163554.jpg

037-20180501-164817.jpg

ビオトープみたいで、ボタニカル感たっぷりの癒し空間です。
栗の木で飾られたショップ内で頂けるのはフッカフカの焼きたてカステラ !

038-20180501-164526.jpg

●焼きたて八幡カステラセット 885円
035-20180501-165001.jpg

紙の箱から盛り上がる様に膨れたキツネ色のカステラ。紙の箱を広げて頂きます。

033-20180501-165017.jpg

従来のカステラがしっとりしているならば、こちらはふっくら軽い!
上等のスポンジケーキをシンプルに食べているような贅沢さ。底にはちゃんとザラメが敷かれています。

031-20180501-165144.jpg

途中からはたねや自慢のあんこ を掛けても良いですが、無くても充分美味しい。
あんこはコーヒーにとても合いました。

028-20180501-165356.jpg

お手軽だけど満足度高いクラブハリエ さんらしい演出と空間。

この日はゴールデンウィーク初日とあって、夕方訪問した時点で焼きたてバウムクーヘンのイートインは完売。
いろんなものが完売。・゚(゚>д<゚)゚・。
やはりちゃんと計画的に訪問せねばです!

なんとこのラコリーナはまだまだ増設計画中だそうです。完成が楽しみです♪

022-20180501-171911.jpg

ご馳走様でした。



関連ランキング:和菓子 | 近江八幡駅安土駅


category: ●カフェ・スイーツ

tag: カフェ  滋賀  近江八幡   
tb: 0   cm: 0

△top

台湾茶葉専門店 靑竈(チンザオ)本当の台湾茶と伊根の舟屋が味わえます 

 

080-20180423-155115.jpg

【伊根町】台湾茶葉専門店 靑竈(チンザオ)

憧れの伊根町に再訪しました。
舟屋の並ぶ風景は相変わらずのんびりとしていて、それでいてどこか他者を寄せ付けない凛とした雰囲気もあって。
観光地としての顔よりもそこに住む人々の生活の香りの方が強い感じがするからかな。伊根はそこが良い。

094-20180423-152728.jpg

093-20180423-152755.jpg

そんな伊根町で不意に訪れたカフェ。なんと台湾茶の専門店。伊根に台湾茶とはこれいかに。
とにかく入ってみました……が、あまりの生活感に一瞬たじろいでしまいます。
確かに看板は出ているからお店なんですが、「普通の民家に入ってしまった?」と勘違いするくらいの生活感ある土間。

しかしさらに奥へ。
するとパアッと光を感じた先には海が!
092-20180423-152925.jpg

そうなんです、ここはまさに舟屋。船が入って来ていたであろう場所に、ガラクタ…いえ、アンティークな家具が雑然と置かれた空間。
001-20180423-153038.jpg

舟屋は海のガレージ。まさに物置っぽい場所なんです。でもでも、それがなんか良い!

089-20180423-153200.jpg

なんたって目の前に広がる舟屋の景色・・・こんな贅沢あるでしょうか。


メニュー表なんかはありません。
むしろ「なんのお茶を飲みたいですか?」と聞かれます。
台湾茶は無知である事を伝えると、烏龍茶をオススメしてもらいました。
茶葉栽培農家から直接仕入れてらっしゃるそうで、いろんな種類があるそうですが、急須の中で花が咲く様ないわゆる工芸茶は扱いがないそうです。あくまで茶葉本来を楽しむ店。
お水は茶葉により変えるというこだわり様。
この烏龍茶には京都伏見の湧き水を使用しているとか。

テーブルにはあらかじめ台湾茶のセットが。そこに茶器や茶葉などを持ってきて下さいます。

085-20180423-153722.jpg

まずはお湯で急須を温め、茶葉を詰めてお湯を注ぎ、45秒待ち、一気に急須へ。一滴も残さず絞り切るのが、二煎目以降も美味しく頂くコツだそう。
先ずはグラスに注いで、それを飲むのかと思いきや戻して、グラスに残った香りを楽しみます。

082-20180423-155008.jpg

えっ?知ってる烏龍茶の香りと全く違う。
まるでクチナシの様に薫る!なんだろう、ずっと香っていられる。
しばらく置くと香りが深くなり、もっと置くとカカオみたいな香りに変化するらしく、実際そうだったから驚き。
グラスに残った香りがですよ?なんて粋な楽しみ方。

そしてお茶はというと、美しい黄金色!

079-20180423-155144.jpg

やはり花の様な香りと、玉露のようなほのかな甘さ。
「今まで飲んでた烏龍茶はなんだったんでしょう?!」と言うと、
「これが普通に美味しい烏龍茶ですよ」とご主人。

076-20180423-160055.jpg

二煎目からは自分たちで淹れます。
教えてもらった秒数をシビアに守り、絞り切る!
台湾茶のトレイ?が「すのこ」な訳が分かった気がする。お湯が溢れるのなんか構ってられない!
お湯を注いだ瞬間から秒数を数えることに集中していたら、この小さい急須はすぐに溢れてしまうから。違うかな?

しかも台湾茶は十煎以上楽しめるとか。
本当に色々と目からウロコ体験。

三煎くらい楽しんだ頃に小さなお茶受けを持って来てもらえます。
この日はトマトと金柑のドライフルーツ。
本当に一欠片ずつなんですが、味わい深い事に驚かされます。

074-20180423-161723.jpg

たゆたう海と、ウミネコの声を聞きながら頂く台湾茶。
物凄く贅沢な時間でした。

烏龍茶は一人前900円でした。
この景色と、ゆったりとした時間と香りに包まれて、このお値段はお値打ちです。
お店では台湾茶の販売もなさっているそうです。

ご馳走様でした。
001-20180423-153857.jpg




関連ランキング:中国茶専門店 | 伊根町その他


category: ●カフェ・スイーツ

tag: カフェ  京都  伊根  伊根町   
tb: 0   cm: 0

△top

ザ ループ ホテルアゴーラ大阪守口・苺スイーツコレクション! 

 

066-20180407-151441.jpg

【守口市】ザ ループ ホテルアゴーラ大阪守口

関連記事はこちら
信州果実のスイーツコレクション・ザ ループ ホテルアゴーラ大阪守口

2018年春の最後のストロベリービュッフェに行ってきました☆
京阪守口市駅ほぼ直結のホテルアゴーラ大阪守口の一階「ザ ループ 」で回数限定で開催されている「苺スイーツビュッフェ」。

こちらのビュッフェ、大阪の中心から少し離れてはいますが、すごくクオリティが高くて、実は数回リピしてます!
お値段もリーズナブルなのに、スイーツ、セイボリー共に品数も豊富だし、しかも毎回シェフがライブで仕上げる特別な一品も登場します。
ドリンクの種類も豊富で、しかもカップが温められて保温引き出しに入っているんです。
会場の飾り、盛り付けも綺麗。
本当言うことなし!

072-20180407-145922.jpg

だから毎回満員御礼です。特に期間中の開催期間が4.5回ほどなので、争奪戦。
とはいえ場所がらご近所さんが楽しみにいらしている感じでもあり、気取ってなくて、とてもアットホームな雰囲気で楽しめますよ。

と、散々褒めちぎったその内容を見てゆきましょー。
まずはフレッシュ苺の食べ比べ

074-20180407-145901.jpg

すごー!山盛りの苺が種類ごとに並んでいます。メ
ジャーなあまおうなどはもちろん、聞いたことないなぁという品種のまりひめ、さぬきひめ など5種がありました。

そしてその苺を使ったスイーツの数々。
苺のショートケーキ
057-20180407-160358.jpg

苺のタルト
002-20180407-160445.jpg

苺のムース
苺のロールケーキ苺のシフォンケーキ
苺のスフレケーキ
苺のミルフィーユ
ベリーのパウンドケーキ
苺パンナコッタ
苺ミルク
苺チョコレート

パリブレスト
001-20180407-160258.jpg

苺大福
苺のサラダ
マカロン、チョコクッキー、苺クッキー
プリン
060-20180407-160250.jpg

チョコレートファウンテン
ベリーのサンドイッチ、ローストビーフサンドイッチ、ミックスサンドイッチ
070-20180407-150645.jpg

そして、お食事もこれまた豪華!
春食材たっぷりのサラダやオードブルいろいろ。

スープ、ピッツァ、グリル料理、オーブン料理、ホテルアゴーラ自慢の黒カレーなどなど。
071-20180407-150206.jpg

サラダ寿司なんてのもあり、人気でした。
とにかくサラダの種類が多くて嬉しい♪
073-20180407-145913.jpg

まずはお食事で腹ごしらえ。春らしいそら豆や新玉ねぎを使ったメニューがありました。

067-20180407-151427.jpg

065-20180407-152451.jpg

サンドイッチに、いま流行りのフルーツサンドがあるのも高得点。めっちゃ美味しい!
瓶に入ったとろっとろのプリンも美味しい〜♡
スイーツ、どれも良い!けどやっぱり毎回タルトの美味しさにウキウキするんですよね!やはり今回もお代わりする美味しさ。

055-20180407-160804.jpg


特製の逸品の始まったことを陽気なスタッフさんに教えてもらい、駆けつけ!
今回は、目の前で仕上げる苺のシブーストですって。
サクッとした淡い緑のメレンゲのベレー帽。可愛い♡

064-20180407-153912.jpg


毎回お腹が振り切れるまで貪欲に頂いてしまうホテルアゴーラ守口さんのビュッフェなのでした(*´∇`*)

毎回シェフがテーブルを回って、今回の感想と次回予告をして行かれるのですが、2018年5月6月のは何やら凄そう。
「マンゴー&トロピカルスイーツコレクション」初夏らしいビュッフェが控えているようです。

また行かねば☆
ご馳走様でした。



関連ランキング:イタリアン | 守口市駅守口駅土居駅



category: ●カフェ・スイーツ

tag: 大阪  守口市  ビュッフェ  ホテルビュッフェ 
tb: 0   cm: 0

△top

Walden Woods Kyoto ・京都に突如現れた白い森 

 

058-20180328-135752.jpg

【五条河原町】Walden Woods Kyoto (ウォールデンウッズキョウト)

オープンしていくらも経っていないWalden Woods Kyoto (ウォールデンウッズキョウト)。
近くに行く用事があったので寄ってみたのですが既に大人気!住宅密集地の五条の町中だというのに外国人観光客の姿もチラホラ。どこで知ったのでしょうか??

071-20180328-144141.jpg

一階がオープンキッチンカウンターになっていて、大きな焙煎機も見えます。
横にある階段にもランタンが並んでいて、二階に広がる空間に誘われるかの様です。

069-20180328-143133.jpg

カウンターにはドリンクのお供に丁度良い、クッキーやチョコクランチなどのおやつも売っています。
056-20180328-135527.jpg
057-20180328-135535.jpg

●抹茶ティーラテ 600円
●ビッグクッキー 200円 を注文。
自分でお盆をもって二階へ向かいます。

064-20180328-140034.jpg

059-20180328-135802.jpg

真っ白な壁にランタンが並ぶシンメトリーなシンプル空間はさながら舞台の様。みんな気ままに腰掛けて寛いでいます。

067-20180328-142619.jpg

ちょうど窓からは向かいの公園の桜が眺められます。
屋内に居るのに、野外で腰掛けているかのような不思議な気持ちになってくる・・・

062-20180328-135911.jpg

抹茶ラテ、ほのかに甘くて、お抹茶そのものの香りが活きていてすごく美味しい!
ミルク感もあって、大ぶりの器も嬉しいですね。
お供のクッキー。ハッピーになる大きなまん丸クッキー。

開店と同時に訪問したら誰もいない空間に出会えるかしら。
また違った印象を受けると思います。
でも見知らぬ人が思い思いに寛ぐ様子もまた楽しかったです。

ご馳走様でした!
061-20180328-135836.jpg



関連ランキング:カフェ | 五条駅(京都市営)清水五条駅七条駅


category: ●カフェ・スイーツ

tag: カフェ  京都  五条 
tb: 0   cm: 0

△top