『雨ときどきパンケーキ』

雨女まいたんがゆく、ときどきパンケーキ、のちにかき氷。まれにスコーン。

ブレイク必至?!京都の隠れたかき氷の店、鹿の子 

 

050-20170623-134858.jpg

【梅小路】 鹿の子

梅小路公園入り口前にあるオシャレなビル「京果会館」。
一階正面にある志津屋さんはよく目立つんですが、面白いお店が他にもあるんです。

060-20170623-132952.jpg

058-20170623-133043.jpg

ここ入っちゃっていいの〜?って感じのビルですが、階段を上がり二階へ。
やはり奥に進んじゃっていいの〜?となりますが、気持ちを強く持って(笑)さらに奥へ行くと、あるのが鹿の子さん。
055-20170623-133240.jpg

059-20170623-133011.jpg

なんと八ヶ岳の天然氷を用いたかき氷をだすお店です。
シロップはもちろん手作り。オススメの季節の商品は入り口横の看板でチェックです。

041-20170623-141944.jpg

カウンターだけの店内ですが、外の共有スペースでも頂けます。

うーむと悩んで、
●生パインヨーグルト 950円
注文会計を済まして、カウンターで待っていると、女性店員さんがおもむろにパイナップル丸ごとを手に。

え?そこからなんや!!
ザクッザクッと大きなパイナップルを4等分し、1/4をミキサーへ。
白蜜を加えてガーッと。生シロップの出来上がり!

051-20170623-134605.jpg

白雪のかき氷機から、はらはらと削り出される氷は長い棒状で見るからに繊細。
それを器に受け止めて、軽く成形してシロップを回し掛けて、また氷を削り…を繰り返し、かなり大盛りなかき氷になりました。
仕上げに果肉を乗せて。
ヨーグルトは別添えです。

049-20170623-134906.jpg

さくっと匙を入れた途端、ガサッと小さな雪崩。取り扱い注意です〜。

047-20170623-134942.jpg

パイナップルって酸味が立ちすぎでかき氷には薄いかも?と思っていたのですが、なんのなんの、甘い〜!
果肉たっぷりのシロップはむしろ濃い!

サクッとした氷との馴染みも良いです。

044-20170623-135028.jpg

別添えのヨーグルト、フワッとした口当たりです。
ヨーグルトに生クリームを混ぜてある(分量はヒミツ)から、酸味が抑えられ、濃厚さも出て、パイナップルの甘みを更にリッチにしています。
美味しい〜(≧∀≦)!!

他のお客さんの「生メロン」だって、丸々メロンをザクッと半分に割りミキサーに。
もうすごいリッチ!これは原価まあまあ掛かってますよね〜。

京果会館の中の店舗だから、青果市場で仕入れているのかと思いきやそうでもないらしいです(笑)。
市場では小ロット購入は難しいですもんね。

季節によりメニューも入れ替わり立ち代りがあるようです。
もちろんかき氷通年営業。
ちょっと中心部からは外れているからまだまだ穴場ですが、これはブレイク近いかも。

ご馳走様でした。



関連ランキング:かき氷 | 丹波口駅


スポンサーサイト

category: ●かき氷

thread: かき氷・アイス、ソフトクリーム - janre: グルメ

tag: かき氷  京都  丹波口  梅小路  かき氷専門店 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://sillybubly.blog.fc2.com/tb.php/1365-cbecd61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top