FC2ブログ

『雨ときどきパンケーキ』

雨女まいたんがゆく、ときどきパンケーキ、のちにかき氷。まれにスコーン。

おづKyoto -maison du sake-5月末で改装へ。 

 

005-20180527-123816.jpg

【丸太町】おづKyoto -maison du sake-
<このお店は2018年5月末でリニューアル閉店>

関連記事はこちら
これは新感覚☆発酵三昧なかき氷!おづkyoto
おづKyoto・桜かき氷「霞」ーこちらの氷はワンダーだ
おづKyoto・四月の氷 「鶯」
おづKyoto・十二月の氷「琥珀」
おづKyoto -maison du sake-5月末で改装へ。

京都 でダントツで好きなかき氷 ・おづ さん、5月をもってリニューアル閉店という事で訪問しました。

042-20180527-131935.jpg

043-20180527-131919.jpg

リニューアル再開後、かき氷の提供は不明。もしあっても店長ゆかりさんの削りにはもう会えません…
つまりおづをおづたらしめた立役者の店長・ゆかりさんが削るかき氷は、正真正銘ラストです。

噂を聞きつけた常連さんたちの予約でいっぱいだったんですが、お一人なら!となんとか受け入れてくださいました。感謝!
初めて訪問した時と同じカウンター席で。

009-20180527-122417.jpg


●季節の氷 紅(べに)
008-20180527-123731.jpg

赤すぐり・黒すぐりで作られたソースはしゅわしゅわ炭酸エスプーマ!
三つ並んだすぐりが髪飾りみたいでとても愛らしく。

004-20180527-123846.jpg

しゅわっと口の中で軽く弾けるスパーリングなエスプーマの下には鮮烈な赤。まさに紅色の氷が隠れています。なんて色っぽい!
でもあくまで爽やかな風味。

003-20180527-123902.jpg

進むにつれ出現する酒粕と手作り甘酒がまったりとした、まるで濃厚な生クリームの上澄みのような舌触り。
さらに底の方にはバニラカスタードクリーム。これ、クリームパンに詰めたい!

別添えの「花琥珀」というお酒を掛けると一層華やかに。
可愛らしい女の子の中に秘めたる女性性の様なドラマティックなかき氷でした。

二杯目は、今まで、いつでも食べられるや、と思って後回しにしていた松 を頂きました。

●松
046-20180527-125953.jpg

エスプーマが掛かっていないシンプルなビジュアルだからこそ際立つ削りの美しさ。
まるで松葉のような氷は、束感がありながら一本一本が針のように研ぎ澄まされた美しさ。

045-20180527-130004.jpg

上品な抹茶の甘さと、中に仕込まれた抹茶甘酒クリームの大人っぽい香り!
硬めの赤豆と、白玉。王道な中にもおづらしさが光る素晴らしい作品。

044-20180527-130034.jpg


これで本当の本当にラスト。悲しすぎます…
しかし当のゆかりさんはいつも通りの明るく知的な笑顔で、

「いつかおばあちゃんになったらお店でもします!」って!

私もおばあちゃんになっても食べに行きますし(´Д⊂ヽ!

二年間本当にお疲れ様でした。初めて食べた「雪」の衝撃と感動、忘れません。
ゆかりさん、貴女はまさにマエストロ!またどこかでお会いすることを願って!

ご馳走様でした。



関連ランキング:カフェ | 丸太町駅(京都市営)今出川駅

関連記事
スポンサーサイト



category: ●かき氷 再訪

thread: かき氷・アイス、ソフトクリーム - janre: グルメ

tag: かき氷  京都    丸太町  御所  カフェ  日本酒  茶寮 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://sillybubly.blog.fc2.com/tb.php/1604-51f6970c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top