FC2ブログ

『雨ときどきパンケーキ』

雨女まいたんがゆく、ときどきパンケーキ、のちにかき氷。まれにスコーン。

一つ一つ丁寧に。希少魚介を小皿料理で頂ける大満足コース・魚貝小皿和食 一喜  

 

【法善寺横丁】魚貝小皿和食 一喜 (イチヨシ)

法善寺横丁の中にある小さなビルの一階の奥にある、知る人ぞ知る和食の名店。

050-20180722-211544.jpg

025-20180722-184440.jpg


カウンター4席と奥に数名のテーブル席、完全個室席もあります。
お昼は二日までの要予約、夜はネタ次第で飛び入りも可能ですが、基本予約が望ましいです。
夜は5000円のコースと7000円のコース、更に完全予約の10000円コースもあるらしいのですが、私は夜の7000円のコースを頂きました。
024-20180722-184955.jpg

023-20180722-190041.jpg

お料理に合わせたい日本酒もかなり豊富に取り揃えてあり、お食事をしながらちびちび行かれる方は5000円コースでかなりお腹いっぱいになるそうです。
せっかくなんでお酒とともに頂きたいと思い、梅酒をソーダで薄ーく割ってもらいました。

020-20180722-192348.jpg

<里海里山コース 7,000円 >
こちらは丁寧なお料理を品数多く食べてもらいたいというお考えから、基本全てが小皿料理!
少しずつをたくさん頂けて、すごく充足感がありました。
細かく見てゆくと…

●水茄子とシラサエビの和ピンチョス、明石タコと生ハム、キュウリの和ピンチョス
018-20180722-192644.jpg

いきなりステキな小皿が登場して心を掴まれました!
シラサエビに水茄子の瑞々しさと淡白さがぴったり。バジル酢味噌が添えてあり、お口の中にイタリアンな風味が広がります。

青紅葉の下に隠れているのは法善滋とうふ。
なんとひまわりの種と吉野本葛で作ったもの!ひまわりの種がこんなに上品で滋味深い一品になるなんて!驚き。


●刺身(コショウダイ)、つまサラダ
017-20180722-193405.jpg

コショウダイなんて鯛初めて聞きましたが、これが絶品!ブリブリと、はぜるような白身です。

015-20180722-193916.jpg

つまをサラダ感覚で食べるのがつまサラダ。とうふドレッシングに和えて頂きます。このドレッシング絶品~!
お野菜が更に美味しく感じます。お刺身との相性も良し。

014-20180722-194202.jpg

更に出てきたのはタモリという冗談みたいな名前の魚の炙り。塩とスダチでシンプルに。
脂のノリが凄い!口の中で解けてゆき、旨味だけが舌に。タモリだなんて笑っちゃってごめんなさい!
別名「瀬戸鯛」というそうで、この様にマイナーだけどお味は一級品なお魚を紹介するのがお得意なお店なんです。


●コシナガマグロの握り にんにくチップと生七味を添えて
012-20180722-194738.jpg

柔らか~い!!このコシナガマグロは全身赤身なのにトロみたいなトロけ方をするのが特徴だそう。
しかもシャリに柚子が混ぜ込んであるから、脂の乗ったコシナガマグロをさっぱりと頂ける効果も。
ちょっとしたひと工夫が光ります。


お次は何やらシャーレのような器が・・・霜が掛かっていて中が見えませんが・・・

010-20180722-195123.jpg

●アカヤガラの花造り
009-20180722-195216.jpg

なんてキレイ!ガラスに閉じ込められたお花のようなお造りです。
旨味しっかりのピンクがかった白身に、煎り酒のドレッシング。
煎り酒とは梅干しの塩分を煮出したもので、風味のある塩分を嫌み無く加える事が出来るもの。
一味加えるのに使う調味料選びのセンスが伺えますね。


●オオモンハタのスープ煮
ほっと一息つけるスープの登場。アサリで出汁を取ってあり、旨味が滲み出ています。
008-20180722-200028.jpg

●季節野菜の揚げ物
オーガニックにこだわった旬の野菜を軽やかに天ぷらで。
とうもろこし、いんげん、アスパラをシンプルにお塩で頂きます。
006-20180722-200837.jpg


ムロアジの創作串カツ
004-20180722-201933.jpg

ここへ来て、大阪らしい串カツの登場!しかしやはり凝りに凝っています。
酒粕に漬け込んだクリームチーズをムロアジで包み、カレー風味のべっ甲餡を掛けて。
ほろりと柔らかくて甘いムロアジはお刺身に出来るレベルなんだそう!贅沢な食べ方です。

ドリンク二杯目は有機三年熟成番茶を。
奈良の茶舗から仕入れた番茶は太い茎まで使用した深い味わい。これも驚きました。

055-20180722-205223.jpg


●伊根産三年もの岩牡蠣のムニエル 白ガイの醤油バター煮
002-20180722-202746.jpg

伊根湾の厳しい漁場で育まれた岩牡蠣。その身の分厚いこと!そしてものすごくクリーミー!
柚子胡椒を効かせたトマトソースがピリッとアクセント。
白ガイは北海道産。これまたぷりっとして旨味たっぷり。

●焼き茄子のおひたし
茄子の煮びたしは大好物なのですが、焼き茄子を更に白出汁に浸すとは。
ほんのり香ばしい香りが付いて美味しい。
058-20180722-203714.jpg

●北海道塩水ウニのワンスプーン寿司
ひえ~!!なにこのウニの旨味!!呼吸するたび口から鼻からウニの香りが回る・・・!絶品。
057-20180722-204346.jpg

●もずくと秋田の新じゅんさいの酢の物
細く上品なもずくとぷりっと新鮮なじゅんさい。最後を前にお口の中を落ち着かせる感じで良いですね。
054-20180722-205403.jpg


●穴子にゅう麺
にゅう麺大好きなので嬉しい〆でした。穴子の出汁がたっぷり出た優しいお出汁にスダチが爽やかで、つるっといっちゃえました。
053-20180722-205953.jpg

●デザート
小さな抹茶アイス最中がデザートでした。
051-20180722-210619.jpg

小皿料理とは言え、こんなに種類が頂けて大満足!満腹!
でもお腹パンパンになったにもかかわらず、翌日のもたれなどなく、すっと消化してくれたような感じがしました。
お野菜もオーガニックで種類も多く頂けて、魚介類中心のディナーだったので女性も気兼ねなく、罪悪感少なくお腹いっぱいになれるのでは。

品数の割にリーズナブルだし、大阪の中心でこのお値段でこのクオリティで頂けるお店、かなりオススメです!

ご馳走様でした。



関連ランキング:居酒屋 | 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅


関連記事
スポンサーサイト

category: ●ディナー

tag: ディナー  大阪  難波  法善寺横丁   
tb: 0   cm: 1

△top

コメント

 

今日はまいたんさん

これは食材の多さと仕込みの手間を考えるとものすごくコスパの高い料理ですね。
普段食べない珍しい魚が多いのも良いです。

お酒のほうで利益を出さないと商売も大変でしょうが
ワイン一杯で倒れる私には良い客になれそうにも無いお店です
行くときには大酒飲み同伴かな?

パクチー #JalddpaA | URL | 2018/07/30 13:49 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://sillybubly.blog.fc2.com/tb.php/1622-c8f52bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top