FC2ブログ

『雨ときどきパンケーキ』

雨女まいたんがゆく、ときどきパンケーキ、のちにかき氷。まれにスコーン。

パークハイアット京都・最高級の寛ぎリビングルームのアフタヌーンティー 

 

0018-20191109-151051.jpg

【東山】パークハイアット京都 ラウンジスペース「ザ リビングルーム」(PARK HYATT KYOTO)

京都東山に新しく誕生したパークハイアット京都
続々とホテルが誕生している京都ですが、最近外資系高級ホテルの誕生が顕著です。

今回アフタヌーンティーを頂きに来たパークハイアット京都は、京都祇園東山界隈の観光地の中心に位置していて、ホテルの周辺は観光客でかなり賑わっているのですが、こちらの敷地へ一歩踏み入れると、外界とは一線を画した雰囲気に包まれます。

0011-20191109-135129.jpg

0012-20191109-142506.jpg

和のエントランスをくぐると、深みに入っていくかのような研ぎ澄まされた緊張感。
その先に開ける「リビングルーム」と名付けられた場所がアフタヌーンティーの舞台です。

0021-20191109-174154.jpg

先ほどまでのクールな雰囲気とは打って変わり、暖かな光の灯る、まさにリビングルーム。
落ち着いた照明の中で頂いたアフタヌーンティーの内容はこちら。

●アフタヌーンティー 4500円(税サ15%別)
いわゆる三段プレートのアフタヌーンティーではなく、一皿一皿に合わせたティーペアリングを味わうという趣向。

ワインの様にボトルから注がれるのはなんと紅焙というほうじ茶
チョコレートみたいな深い香りが特徴です。

0013-20191109-150153.jpg

一皿目は優雅に無花果のタルトフォアグラムースからスタート。

0019-20191109-151042.jpg

マリネした無花果に柚子クリーム、マリネのソースを使ったサングリアのソース。
フォアグラのムースには紅茶茶葉と近穂紫蘇。

二品目はセイボリーを中心にカモミールとミントのハーブティーと合わせて。
使われている食器類にも注目したい。なんとこれは天目茶碗

0016-20191109-153117.jpg

サーモンのタルトはキュウリとディルのジュレの組み合わせで香りよく。

0012-20191109-153823.jpg

燻製鰻のカナッペ。ベースは蕎麦のブリー二というソフトな皮のような生地です。
鰹節の香りを移したクリームに驚き!

そして上品なアイス最中


続いてのアツアツのチョコレートスフレには京都古畑園のお抹茶

0007-20191109-160722.jpg

0006-20191109-160838.jpg


牛スジのクロケットには華やかな香りの烏龍茶…と、まるでフルコースの様に進んでゆきます。

0004-20191109-162401.jpg

0002-20191109-162823.jpg

このクロケット、最高。わさびが良い仕事をしてくれています。
緑茶の様な香り爽やかな烏龍茶は、クロケットの脂をサッと洗ってくれます。

0005-20191109-162349.jpg


最後はシャインマスカットのグラニテ

0001-20191109-163748.jpg

和洋中入り混じり、柔軟に混ざり合い昇華されている、今の京都を体現するかの様な素晴らしいアフタヌーンティーでした!

ご馳走様でした。



関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 祇園四条駅


関連記事
スポンサーサイト



category: ●スコーン、アフタヌーンティー

tag: アフタヌーンティー  京都  ホテル  ホテルアフタヌーンティー 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://sillybubly.blog.fc2.com/tb.php/1913-a48bd63b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top